宇宙旅行より維盛の太刀

 アメリカのニューメキシコ州南部の砂漠地帯に、宇宙船が離着陸するスペースポート(宇宙港)が完成した。早ければ来年から営業運行に入り、宇宙旅行時代が到来することになる。宇宙船は飛行機の翼の下に取りつけて上空15㌔まで運んだ後、切り離してロケットに点火。約4分間、無重力状態が体験でき、窓からは青い地球も望むことができる。すでに450人以上の申し込みがあるという。
 人は「見果てぬ夢」や「はてしない世界への憧れ」を抱き、そこにロマンを感じる。それは宇宙だけでなく、歴史も同じこと。5年前にみなべ町東岩代地内の松林で立派な太刀が見つかった。太刀の製造年代や、高官が使うような見事な装飾が施されていたことなどから郷土史研究家の山本賢さんは「平清盛の孫に当たる維盛(これもり)所有の品だった可能性がある」と推論を立てている。加えて維盛は「岩代の浜で源氏の追っ手、湯浅七郎兵衛宗光(ゆあさのしちろうびょうえむねみつ)に見つかった」という平家伝説が地元に残っていることも根拠の1つだ。850年も昔、そういう出来事が地元で起きていたのではないかと考えるだけでも気持ちがわくわくする。もちろん、いまとなっては真相は解明できないが、事実が分からない方が空想する楽しさがあっていいという面もある。
 ちなみに宇宙旅行の費用は、3日間の事前訓練を含めて1600万円。筆者のような庶民にはまだまだ先の話。それよりも来年放送されるNHKの大河ドラマ「平将門」を見ながら、「太刀は維盛の所有品ではなかったのか」と歴史ロマンを楽しみたい。   (雄)

関連記事

フォトニュース

  1. 来年はボクらの年だよ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 写真=広島県江田島の海軍兵学校へ入校した俊一さん スマートな海軍に憧れて 日高地方の基幹病院であ…
  2. 写真=軍服の左胸につけていた歩兵第61連隊の徽章 連隊の自信と誇りを胸に 「最近、こんな物を手に…
  3. 写真=海軍の軍服に身を包んだ若き日の吉野さん 潜水艦搭乗で胸を病み夭折 今年の連載第1回(8月5…
  4. 写真=保養所で療養していた当時の坂本さん(後列右から5人目) 戦死した兄の敵を討つ みなべ町埴田…
  5. 写真=国民学校時代の体験を話す木下さん 子どもたちの生活にも暗い影 1931年(昭和6)の満州事…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る