双方向に情報の質を見極めて

 メディアと呼ばれる情報媒体は、基本的に紙と電波に分かれる。前者は活字、後者は映像と音声だが、情報を伝えるうえでそれぞれ一長一短がある。新聞は読者が自分のペースで繰り返し読むことができるが、記事と写真を掲載する紙面の枚数、スペースに限りがあり、テレビは圧倒的な情報量を持つが、時間という絶対的な制限がある。
 インターネットは時間もスペースも制約がないが、そのために情報が整理されない。双方向、多方向のコミュニケーションは自由社会の象徴とはいえ、一方でテレビや新聞のような一方通行の気楽さがなくなり、「権利」ともいえる情報選択には質を見極める選球眼が求められ、面倒な労力も伴う。
 「海外で臨月の女性がフルマラソンを走った」という話。6時間25分で完走直後に陣痛が始まり、元気な赤ちゃんを産んだというのだが、大手テレビ局の報道番組がこんな笑えもしない、くだらないニュースでもなければ尺(時間)が稼げないのか。貴重な放送時間はあり余り、配信頼りのやっつけ編集としか思えない。
 テレビも新聞も、まちの話題には「出たい」「載せてもらいたい」という本音が透けて見えるどころか、丸出しの人も少なくない。臨月の女性のマラソンこそ、子どもに見せたくないお笑い番組のように視聴者の抗議が殺到すべきで、さらには走る女性の映像には「危険ですから絶対にマネしないでください」というテロップをつけ、ただの「いちびり」であることを明確に示さねばならない。
 テレビのネット化が進み、不況が質の低下に追い打ちをかける時代。自戒も込め、情報は送り手の選択が重要で、受け手の反応もより大切であると痛感する。   (静)

関連記事

フォトニュース

  1. おはよ~さ~ん

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る