来年は祭りでパワー爆発

 2日、印南祭を初めて見に行った。「川渡り」には間に合わなかったが、興味があった重箱獅子を観覧。地元の獅子舞とは違うよさがあり、「めっちゃ楽しそうやね」といわれるくらい見入ってしまった。まだ見たことがない御坊祭は今回も行けずだったが、日高地方は祭りシーズン真っただ中といったところ。それぞれの地域が沸き、にぎわいを見せる季節になった。
 きょうからの3連休も各地で祭りが行われる。取材を含めて楽しみな一方、台風12号による豪雨被害があった日高川町や印南町の一部は自粛ムード。地元丹生神社の祭りも例年ならきょう8日に宵宮、9日に本宮を迎えようというところ、テンションと疲れがピークだろうが、ことしは練習がなく祭囃子も聞こえてこない。先日、草刈りや道具類の整理が済み、どこか寂しい感じがする。
 祭りの正しい由緒や歴史に詳しいわけではないが、個人的に祭りは氏神さまへの氏子としての務めだと思っている。かみくだいていえば「いつもお世話になります」「またよろしくお願いします」という感じ。生まれた時や初詣でに参拝するのと同じように、祭りはなくてもきちんとお参りし、ことしはお礼に加えて復興祈願をしようと思う。
 もう一つ、祭りには世代間と地域の交流が図られるといういいところがある。進学や就職で地元を離れた人らも含めて集い、また新たな出会いがある。そして地域の元気、パワーが爆発。少子高齢化や人口減少、不景気といったなか、自粛する地域の分も大いににぎわってほしい。ことし祭りがないところはまた来年。この先も笑って楽しい祭りができればいいと願う。  (笑)

関連記事

フォトニュース

  1. 涼しげでいいですね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  2. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  3. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  4. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…
  5. B29へ決死の体当たり 欧州で第2次世界大戦が始まったのを受け、米軍は1939年(昭和14)11月…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  ホラー、怪談、恐怖小説、怪奇小説、スリラーなどいろいろ類語はありますが、私はやっぱり日本古来の怪談…
  2.  代表作の「青の炎」や「悪の教典」で今や誰もが知っている人気のホラー作家貴志祐介。デビューから1年目…
  3.  ひとりかくれんぼとは、もともと関西・四国地方において、「コックリさん」と共によく知られる遊びであっ…
  4.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  5.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
ページ上部へ戻る