浸水しない庁舎に

 先日の産業厚生常任委員会で「市役所庁舎の改築の際は小高い丘に移転すべき」との提案が急浮上した。近い将来発生が予想されている大規模地震の津波を回避するのが狙いだが、現行のシミュレーションで庁舎の浸水が確実視されている中、どうせなら浸水の危険性がない場所に建て替えるべきだというのは、当然の話だろう。
 ただ、市内で移転するとなると用地の確保が大きな問題。例えば湯川町の亀山、北塩屋の工業団地付近、南塩屋の県就農支援センター周辺、全体的に海抜が高い名田町など、用地が確保できないわけではない。しかし、ただでさえ改築に20億円もかかるといっているのに、用地の造成などで一層費用がかさむ。それにさまざまな住民サービスを提供したり、市民が来庁したりする庁舎の場所的な利便性を考えると、移転は難しいかもしれない。
 さらに出されていたのが「いまの場所を小高い丘にしてはどうか」との提案。「小高い丘」と表現すると少々無理があるような気もするが、例えば都心部でみかけるちょっと高い場所にある駅やホテルを想像すれば分かりやすい。建物の基礎部分を底上げして、そこにロータリーのような進入路を作ればよいのである。
 市役所庁舎はもし何かあった場合の災害対策本部として住民の支援、復旧、復興にあたらなければならない。その機能は最初から津波で浸水する危険性の低い場所に置くべきである。そして何よりも、日高川河口から北上すると想定される津波に対して、名屋地区は緊急的に避難できる建物が全くない。それなら庁舎をいまの場所のまま高い位置に建設して、住民が一時的に避難できるようにするのも手だと感じた。    (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. 涼しげでいいですね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  2. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  3. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  4. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…
  5. B29へ決死の体当たり 欧州で第2次世界大戦が始まったのを受け、米軍は1939年(昭和14)11月…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  ホラー、怪談、恐怖小説、怪奇小説、スリラーなどいろいろ類語はありますが、私はやっぱり日本古来の怪談…
  2.  代表作の「青の炎」や「悪の教典」で今や誰もが知っている人気のホラー作家貴志祐介。デビューから1年目…
  3.  ひとりかくれんぼとは、もともと関西・四国地方において、「コックリさん」と共によく知られる遊びであっ…
  4.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  5.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
ページ上部へ戻る