便利な言葉に注意

 「子どもの医療費無料化枠を中学校卒業まで引き上げることを検討するといったのに、全然やらない。どうなっているんだ」「検討はしています。まだ結果が出ていませんので、今しばらくお待ちください」。政治の世界は独特で、こんなやり取りがまかり通る。「検討」とは都合のいい言葉。やる、やらないを真剣に話し合っているふりをするだけでもごまかせる。まだ駆け出しのころ、「検討する」との答弁を鵜呑みにし、あたかもその事業が実現間近のような記事を出したら上司に「『検討する』は、やらないに近い。もっとよく取材をしろ」と叱られた経験もある。
 権力者の「検討」は信用ならないというのは今や常識。だが、それが逆だと許されない。例えば部下がしばらく経って「まだ検討中です」などと答えようものなら瞬時に仕事ができないやつと評価されるだろう。だから権力者以外の人は「考えておく」のような言葉に騙されないように心がける必要がある。
 日本語は難しく、どちらの意味にもとれる便利な言葉が多い。「適当」なんかもそうだ。「ほどよくあてはまること」とある半面、「いい加減」との意味も。「適当にやっておいて」といわれて後者のようにすればこっ酷く叱られるし、言葉の意味はしっかりと理解しなければならない。
 問題になっている国家公務員宿舎「朝霞住宅」もしかり。批判されるやいなや「建設凍結」との言葉が出てきた。中止、廃止ではない「凍結」。ほとぼりが冷めればまたこっそり着工。その意図が見え隠れする。「事業仕分け」で「凍結」されたものが復活しているから間違いない。
 言葉遊びをしている時ではないと、みんなが思う。やる、やらない、明確な指針で舵を切ってほしい。   (賀)

関連記事

フォトニュース

  1. ゴミ拾いはスポーツです

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 写真=広島県江田島の海軍兵学校へ入校した俊一さん スマートな海軍に憧れて 日高地方の基幹病院であ…
  2. 写真=軍服の左胸につけていた歩兵第61連隊の徽章 連隊の自信と誇りを胸に 「最近、こんな物を手に…
  3. 写真=海軍の軍服に身を包んだ若き日の吉野さん 潜水艦搭乗で胸を病み夭折 今年の連載第1回(8月5…
  4. 写真=保養所で療養していた当時の坂本さん(後列右から5人目) 戦死した兄の敵を討つ みなべ町埴田…
  5. 写真=国民学校時代の体験を話す木下さん 子どもたちの生活にも暗い影 1931年(昭和6)の満州事…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る