地域活性化に感動を

 先月、印南町公民館で開かれた印南町区長会の研修会の取材で、限界集落の鹿児島県鹿屋市串良町柳谷地区(通称・やねだん)を立て直したことで知られる、柳谷公民館の豊重哲郎館長の講演を聴いた。
 数年前からテレビなどで特集されることが多く、知っている人も多いと思うが、柳谷地区を行政に頼らず住民が一体となって活気ある集落に取り戻した。その仕掛け人が1996年に公民館長に就任した豊重さん。わずかな費用で工場跡地を整備し公園を作ったり、空き家を集落が持ち主から借り上げ「迎賓館」と名付けて宿泊施設にしたり、全国から芸術家を集めたり。また財源確保へ住民たちでサツマイモや焼酎をつくって販売、数百万円の売り上げを出し、住民に1人1万円のボーナスも出した。
 講演では「やねだんに補欠はいない。地域づくりは住民の総参加が必要」と訴え、参加に消極的な人や反目者たちをいかに振り向かせるかなどを熱弁。話の中には「本気」や「情熱」「涙」「信頼」「やる気」など人間味あふれる言葉がたくさん出てきて、地域を活性化させるのは行政でなく、そこに住む人の力であることを感じさせられた。また講演の中で何度も「感動が人を動かし、地域を再生させる」と話し、感動の大切さを強調した。辞書によると、感動とは「ある物事に深い感銘を受けて強く心を動かされること」。人生において感動が生き方を豊かにしたり未来への活力となるように、地域活性化においても必要不可欠な存在である。豊重さんが一言一言を力強く声を振り絞るように一生懸命話す姿を見て、強くそう思った。     (城)

関連記事

フォトニュース

  1. こらめちゃくちゃうまいで!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 写真=広島県江田島の海軍兵学校へ入校した俊一さん スマートな海軍に憧れて 日高地方の基幹病院であ…
  2. 写真=軍服の左胸につけていた歩兵第61連隊の徽章 連隊の自信と誇りを胸に 「最近、こんな物を手に…
  3. 写真=海軍の軍服に身を包んだ若き日の吉野さん 潜水艦搭乗で胸を病み夭折 今年の連載第1回(8月5…
  4. 写真=保養所で療養していた当時の坂本さん(後列右から5人目) 戦死した兄の敵を討つ みなべ町埴田…
  5. 写真=国民学校時代の体験を話す木下さん 子どもたちの生活にも暗い影 1931年(昭和6)の満州事…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る