地域活性化に感動を

 先月、印南町公民館で開かれた印南町区長会の研修会の取材で、限界集落の鹿児島県鹿屋市串良町柳谷地区(通称・やねだん)を立て直したことで知られる、柳谷公民館の豊重哲郎館長の講演を聴いた。
 数年前からテレビなどで特集されることが多く、知っている人も多いと思うが、柳谷地区を行政に頼らず住民が一体となって活気ある集落に取り戻した。その仕掛け人が1996年に公民館長に就任した豊重さん。わずかな費用で工場跡地を整備し公園を作ったり、空き家を集落が持ち主から借り上げ「迎賓館」と名付けて宿泊施設にしたり、全国から芸術家を集めたり。また財源確保へ住民たちでサツマイモや焼酎をつくって販売、数百万円の売り上げを出し、住民に1人1万円のボーナスも出した。
 講演では「やねだんに補欠はいない。地域づくりは住民の総参加が必要」と訴え、参加に消極的な人や反目者たちをいかに振り向かせるかなどを熱弁。話の中には「本気」や「情熱」「涙」「信頼」「やる気」など人間味あふれる言葉がたくさん出てきて、地域を活性化させるのは行政でなく、そこに住む人の力であることを感じさせられた。また講演の中で何度も「感動が人を動かし、地域を再生させる」と話し、感動の大切さを強調した。辞書によると、感動とは「ある物事に深い感銘を受けて強く心を動かされること」。人生において感動が生き方を豊かにしたり未来への活力となるように、地域活性化においても必要不可欠な存在である。豊重さんが一言一言を力強く声を振り絞るように一生懸命話す姿を見て、強くそう思った。     (城)

関連記事

フォトニュース

  1. 傘差しや並進はせんといてね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る