タイムマシンはできるのか

 名古屋大などの国際研究グループが先日、物質を構成する素粒子の一種であるニュートリノが光の速度より速く飛んでいるという観測結果を発表した。これが正しければ、1905年にアインシュタインが発表した「宇宙には光の速度を超えるものは存在しない」という特殊相対性理論が否定され、物理学の根底が揺るがされる可能性もあるという。学者らも「信じがたい」と半信半疑のようだが、物理がまったく分からない筆者にとっても興味深いニュースだ。
 実験はイタリアで行われ、ニュートリノを加速する装置で打ち出し、約730㌔㍍離れた地下研究所へ地中を通して飛ばした。光はこの距離を0・0024秒で飛ぶが、ニュートリノは光より1億分の6秒早く到達していたという。相対性理論では光の速度に近づくと時間の経過が遅くなり、光速になると時間が止まると考えられているそうだ。光速を超えると、時間が逆戻りすることになり、新聞やインターネットなどでは「タイムマシンが可能に」などという見出しで大々的に報じられた。
 ニュートリノ自体不思議な素粒子。ほとんど質量はないとされており、地球や人の体などを簡単にスルスルと通り抜けてしまうという。そういう現象すら筆者のような凡人には解釈し難いが、秋の夜長に不思議な物理の世界に思いをはせることで気分がウキウキする。もちろん、筆者が生きている間にタイムマシンができることは不可能だろう。しかし、その夢の可能性を信じ続けることはでき、超現実的な世界を考え続けることに楽しさがある。今後、「実験結果は間違いでした」と訂正されないことに期待したい。 (雄)

関連記事

フォトニュース

  1. 思ったより簡単かも

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る