早く正確な情報提供を

 台風12号による豪雨で路肩が崩落した由良町内の県道衣奈―門前間が復旧し、通行制限が解除された。特に衣奈地区の住民にとっては生活、通勤に使われる道路。しかし、通れるようになっても迂回路を使っていた人がいたようだ。
 この県道が通れなくなった当日は、衣奈―吹井・江ノ駒間の町道が崩土、小引―大引間が高潮で通行止めとなり、衣奈から役場がある由良地区や御坊市方面へ行くのに広川町を回ったという。すぐに衣奈―吹井・江ノ駒間は相互片側通行になったが、誰が言ったか「県道はまだまだ」。数日後に現場を見に行くと、衣奈側からは町道との交差点、門前側からは興国寺から少し行ったところに立てられていたバリケードがなくなっていた。通行制限がされていた個所は衣奈トンネルを含む狭小な道路。まだ通れないのにバリケードだけがなくなっていたとすれば、進んでバックで戻る自信はない。筆者同様、何人かの住民がそう思ったそうだ。
 4日の水害時、日高川町和佐の自宅に設置されている個別受信機から流れる町内放送で目が覚め、たまたま行った実家のトイレで町長肉声の緊急放送が聞こえた。「すぐ逃げてください」。自宅は高台、家を出て近所を見に行くと、消防団員が一軒一軒に避難を促し、民家には明かりがともり、慌しく人や車が走っていた。放送が遅かったという声もあるようだが、一定の成果はあったように思う。
 バリケードがなくなった=(イコール)通行制限の解除。伝える必要がある情報だ。町内放送を含めて情報の提供は大事な住民サービス。由良町は来月から広報誌を毎月発行するが、住民のニーズに合った充実した内容にしてほしい。  (笑)

関連記事

フォトニュース

  1. 山も車両も気をつけましょう

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る