思いは距離を超えて力に

 印南町内の33地区が、災害時に被災した地域を他の地域が協力して支える相互応援協定を結んだ。大規模災害が起きた際、被災地区を助けるため、他の地区が避難所や食料、水の提供などを行う。他のまちでも町内会単位で自主防災組織の設立が進んでおり、それぞれの取り組みがさらに強化され、広がることを願う。
 仲間同士、隣同士、困ったときは助け合うのが日本人であり、世界共通の人の心。東日本大震災に続き、今回の紀伊半島豪雨では私たちの住むこの日高地方の被災地に、隣の地域やまちから、休日には県外からも多くの人が支援に訪れている。建設業界は災害直後から復旧作業にかかり、これら協定に基づく支援活動も大きな力を発揮している。
 美浜町に住む藤原さんも東北のニュースを見て心を痛めた日本人の1人。「直接行くことはできないけど、何か力になりたい」と、岩手の男性に個人的支援を続けていたところ、台風12号の豪雨が紀伊半島を襲った。今度は逆に、まだ仮設住宅で暮らしている男性から、「和歌山の皆さんのために」と現金が送られてきた。詳しくはきょうの記事の通りだが、目に見えぬ「思いやり」の気持ちは、支援を受けた被災者の心を通して、より強く温かい「力」となって他の被災地に向けられた。
 被災地の惨状に多くの人が身につまされ、物を買ってまで送りたい、仕事を休んでまで駆けつけたいという衝動にかられた。そこには多少の押しつけ感もつきまとうが、互いに相手の気持ちを考え、好意はとりあえず感謝して受け取る日本人にとって、それもひっくるめてのボランティア。「頑張って」「ありがとう」の言葉が絆となり、復興への力を生む。         (静)

関連記事

フォトニュース

  1. 特殊詐欺に気をつけましょう!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 大阪空襲の直前に帰郷 印南町山口に生まれ、現在は美浜町吉原(新浜)に住む芝﨑シヅヱさん。父五郎右衛…
  2. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  3. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  4. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  5. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る