思いは距離を超えて力に

 印南町内の33地区が、災害時に被災した地域を他の地域が協力して支える相互応援協定を結んだ。大規模災害が起きた際、被災地区を助けるため、他の地区が避難所や食料、水の提供などを行う。他のまちでも町内会単位で自主防災組織の設立が進んでおり、それぞれの取り組みがさらに強化され、広がることを願う。
 仲間同士、隣同士、困ったときは助け合うのが日本人であり、世界共通の人の心。東日本大震災に続き、今回の紀伊半島豪雨では私たちの住むこの日高地方の被災地に、隣の地域やまちから、休日には県外からも多くの人が支援に訪れている。建設業界は災害直後から復旧作業にかかり、これら協定に基づく支援活動も大きな力を発揮している。
 美浜町に住む藤原さんも東北のニュースを見て心を痛めた日本人の1人。「直接行くことはできないけど、何か力になりたい」と、岩手の男性に個人的支援を続けていたところ、台風12号の豪雨が紀伊半島を襲った。今度は逆に、まだ仮設住宅で暮らしている男性から、「和歌山の皆さんのために」と現金が送られてきた。詳しくはきょうの記事の通りだが、目に見えぬ「思いやり」の気持ちは、支援を受けた被災者の心を通して、より強く温かい「力」となって他の被災地に向けられた。
 被災地の惨状に多くの人が身につまされ、物を買ってまで送りたい、仕事を休んでまで駆けつけたいという衝動にかられた。そこには多少の押しつけ感もつきまとうが、互いに相手の気持ちを考え、好意はとりあえず感謝して受け取る日本人にとって、それもひっくるめてのボランティア。「頑張って」「ありがとう」の言葉が絆となり、復興への力を生む。         (静)

関連記事

フォトニュース

  1. 今年もドーン!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る