洪水シミュレーションを!

 台風12号の被災で問題視されている日高川町の県営椿山ダムの放流のあり方。想定外の雨量でダムへの流入量の予測が難しいということだが、被災者から聞こえてくるのは「昭和28年の大水害を受けて被害をなくすため建設されたダムのはず。今回の水量は28年のときより少ないのに、なぜ甚大な被害が出るのか。何のためのダムか」という悲鳴と怒り。さらに「毎秒4000㌧近くを一気に放流したことで鉄砲水のようになり、ダムに近い下流域の被害が特に大きかったのでは」との憶測も飛び交っている。憶測とはいうが、道路、家屋の被害状況をみればダム近くの下流付近の被害が甚大で一理あるようにも思う。
 ダム放流のデータをみせてもらったが、放流量がピークになる数時間前にはダムへの流入量に対して放流量が大きく下回っている時間帯がある。つまりダムにはどんどん水がたまっている状況。ある有識者によると、流入量に対して放流量を同等にすることを「平準化」というらしく、「仮に平準化がきちんとできていればダムの貯水量があそこまで増えず、一気に放流することもなかったのではないか」との指摘もある。市議会からは「ダムには発電の役割もあるが、発電のために貯水量を一定残そうとしたことで被害につながった。今回の被災は福島原発と同じ人災だ」と怒りの声も上がった。
 一方、現時点でダムを管理する県は「計画以上の流入量が被害の原因。可能な限りの洪水調整能力を発揮した」との言い分。ただ、一度専門家にダムの流入量、放流量に伴う流域への被害に関する洪水シミュレーションをしてもらうなど、二度と同じような被害が起きないよう、ダム管理を徹底的に検証する必要はある。 (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. 災害時もご安心ください

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 写真=広島県江田島の海軍兵学校へ入校した俊一さん スマートな海軍に憧れて 日高地方の基幹病院であ…
  2. 写真=軍服の左胸につけていた歩兵第61連隊の徽章 連隊の自信と誇りを胸に 「最近、こんな物を手に…
  3. 写真=海軍の軍服に身を包んだ若き日の吉野さん 潜水艦搭乗で胸を病み夭折 今年の連載第1回(8月5…
  4. 写真=保養所で療養していた当時の坂本さん(後列右から5人目) 戦死した兄の敵を討つ みなべ町埴田…
  5. 写真=国民学校時代の体験を話す木下さん 子どもたちの生活にも暗い影 1931年(昭和6)の満州事…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る