期待値を裏切らない政治を

 人の感覚や感性を数値化して県の特産品に付加価値をつけようと、「県特産品への感性付加価値付与検討委員会」が和高専教授らの呼びかけでことし7月に発足した。先日みなべ町商工会南部川分館で第2回研修会が開かれ、脳波に詳しい長岡技術科学大学工学部の中川匤弘教授を講師に招いて「喜び」「怒り」「満足度」「幸福度」などを数値化して商品開発に応用できることを学んだ▼最先端の研究で、オリンピックで金メダルを獲得した高橋尚子選手の靴にもこの技術が使われていたそうだ。靴を履くことから感じる「安心感」や「心地よさ」などを数値化し、走るのに適した素材を選んでつくり上げたそうだ。もっと身近な例でみてみると、洗髪剤ではサンスター(大阪)のトニックシャンプーでも爽快さを数値化して商品開発しているという▼商品のパッケージから受ける「期待度」についても数値化できるという。それが消費者の購買意欲につながるが、パッケージから想像した商品の期待数値が高くても、実際に使用してみると「期待はずれ」ということも。購入者は次回からその商品を購入することを控える傾向となるため、パッケージと商品の内容を一致させることも販売戦略では重要だという▼政治の世界では野田佳彦氏が総理大臣に就き、新内閣が発足して2週間が経過した。大臣が失言問題で辞任となるなど波乱含みのスタートとなっているが、現在は高い支持率だ。支持率はいわば内閣への国民の感性や感情が数値されたデータともいえる。期待値を裏切ることのないように、「正心誠意」で取り組んでもらいたい。   (雄)

関連記事

フォトニュース

  1. 思ったより広いな~

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る