あすはきょうより素晴らしい

 病気、事故、けが、災害、失業…私たちの周りには日々、いろんなリスクが口を開けて待っており、多くの人はそこに落ち込む事態に備え、生命保険や損害保険に加入し、普段はあまりそのことに危機感は持っていない。自分はまだまだ若い、まさか…と思いながら、ある日突然、これらのリスクに直面し、ほとんどの人は病院のベッドの上で「きのうまでの健康だった自分」の幸せを実感する。
 たとえば、がんのような重い病気。医師からの突然の宣告は頭をバットで殴られるような衝撃で、夢を見ているような受け入れがたい現実に直面して否認と怒りを繰り返し、真っ暗な抑うつ状態の中で光を見つけられず、やがて声も出ないほどに落ち込む。つい先日までの退屈な日常がどんなに幸せだったか。「神様仏様、金も名誉もいりません。ただ、家族や友人と平和な日常を」と泣きながら取引を繰り返す。
 災害も同じように、ある日突然、平穏な日常を奪われ、つらく悲しい世界に突き落とされる。「私がいったい何を悪いことをしたというのか…」。運悪く海岸近くで仕事をしていた、おじいちゃんの代から川の近くに住んでいたために想定外の事態に襲われ、がれきと泥の中で、きのうまでのおもしろくもなかった毎日がどれほど幸せに満ちていたかを知る。
 病気も災害も、リスクに襲われ苦しむ人には、家族の笑顔、友人の励ましが支えとなり、「立ち直れる」「立ち直らねば」と希望や闘争心をつなぐ。先の台風と豪雨で被災された皆さん、いまはなすすべがなくても、また幸せな静かな日々が戻ることを信じ、ともに支え合ってきょうを乗り越えていきましょう。     (静)

関連記事

フォトニュース

  1. 地震がきたらどうする?

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る