困っている人がいたら…

 「涙が出てくるぐらい感謝しています」「若いメンバーの力をいただいて、あすからの生活を頑張ります」。日高川町の水害被災地で、復旧支援のボランティアを受けた地域住民からは、心からのお礼の言葉が聞かれた。取材に行った先は、床上浸水があったという和佐と入野地内。それぞれ国際開洋第二高校の全校生徒ら49人と、和歌山市に本拠地を置くプロ野球関西独立リーグ、紀州レンジャーズのナインら30人が民家清掃や農道の泥かきに汗を流し、早期復旧へ一役買った。
 「東日本大震災の被災地は史上最大の教育現場」。テレビで、ある教育関係者がこのような意見を述べていた。心に少しキズのある子どもたちを被災地へ連れて行った時の体験談を基に討論のテーマの一つとして掲げていたのだが、実際に感じるのは被災地だけでなく国内の至るところにその影響が及んでいるということ。今回、ボランティア参加した若者たちからは「東日本大震災の様子をテレビで見ていたし、困っている人がいたら助けたいと思っていた」との声があり、絆の広がりを実感した。津波、洪水。被災者の皆さんは多くのものを失ったが、これから生きていくために得た財産も多いのではないか。
 日高川町の水害で友人が被災。当初は被害の大きさがピンとこなかったのだが、刻一刻と伝わってくる情報から大変なことになっていると分かってきた。「お手伝いに行ってきていい」と妻がいう。「行ってきてあげて」と答える。前出の若者と同じ気持ち、「困っている人がいたら…」の思いが普通にこみ上げてくる。近年、薄れてきている「お互いさま」を大事に、各自ができることをやっていければと思う。 (賀)

関連記事

フォトニュース

  1. 事故に気をつけてね!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る