復旧へ日高が一つになれ

 正直、ここまで被害が出るとは思っていなかった。気まぐれな自然災害の前には、人はあまりに無力だ。ノロノロ台風12号がもたらした日高川のはんらんは、自然が持つ圧倒的な破壊力をまざまざと見せつけた。日高川筋をさかのぼって取材に入ったが、とくに旧美山村、旧中津村の被害は想像をはるかに超えていた。建っていたはずの建物は流出して姿がなく、普段当たり前に通っていた主要な生活道路は中央線までえぐられてなくなっていた。「川津波」という表現が適切かどうか分からないが、水が引いたあと残された泥とがれきを見ていると、テレビで見た東日本大震災の被災地とだぶるところがあった。何よりこの水害で3人の尊い命が亡くなられたことに対し、めい福を祈るとともに、依然行方が分からない1人の無事を祈るしかない。
 日高川筋の現状をみると、復旧には莫大な費用とかなりの時間を要することは、素人目に見ても分かる。被災された皆さんがこれまで通りの生活を取り戻すための復旧を何より優先しなければならないだろう。これは日高川町だけの問題にしてはダメだ。県をはじめ、とくに同じ日高地方の各市町が支援しなければならない。いまこそ日高は一つの根性を発揮するときではないか。近い将来の発生が懸念される南海地震をはじめ、自然災害へ各市町の相互の応援、支援体制を確立するときでもある。
 中津地区で取材をしていると、日高高校中津分校の生徒たちが、早速、泥かきやがれきの撤去を手伝っていた。自然の力の前では人はちっぽけだが、人の温かみは強大な力になる。いざというとき力になるのは、やはり人のつながりだということも痛感した。 (片)

関連記事

フォトニュース

  1. 世界に「YELL」を届けましょう

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る