やっつけ代表選に不安

 「やっつけ」。民主党代表選は、正直こんな風に感じた。東日本大震災からの復興が最重要の国難時に日本のトップの決め方がこれでいいのだろうか。「急場の間に合わせにする、その場限り」に思えるやり方に先行きがますます不安になった。
 大本命といわれた人でさえ当初は出ないとしていたのを覆しての名乗り。周囲の声が大きくなって仕方なくというような感じに受け取れた。これではダメだろう。首相という重責を担うためには、準備にかなりの時間を費やしてからにしてほしい。ベストセラーになり話題を呼んでいる現役官僚が実名で霞ヶ関の裏側を暴露した本にも書かれているが、官僚を動かすには強力なブレーンやスタッフが必要になるし、信念、明確なビジョン、政策なども当然欠かせない。お笑い芸人のギャグではないが、1人が手を挙げると「オレもオレも」。一国民からはそんなに軽々しくみえた代表選だった。
 出馬した人たちの準備不足が露呈したのが、ぶれぶれな態度。増税や小沢派の問題で支持を得たいためか少しずつニュアンスを変えていく。さらに、あるテレビ番組ではキャスターが出す○×の質問に、はっきりと答えられない(質問にも問題はあったと思うが…)。ただの二択。自分の信念があれば迷うはずもなく、本当に原発事故、安全保障などで即断即決が求められる首相の器があるのかと「?」がついた。
 民主党でも自民党でも。次から首相を選ぶ際には、意志のある政治家がじっくりと時間をかけてから選挙に出てほしい。そうすれば、その間に資質も信念も政策も問われ、首相にふさわしい人かどうか淘汰もされていく。今回の場合、あとはもうできる人であってほしいと祈るしかないのが悲しい限り。      (賀)

関連記事

フォトニュース

  1. 来年はボクらの年だよ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 写真=広島県江田島の海軍兵学校へ入校した俊一さん スマートな海軍に憧れて 日高地方の基幹病院であ…
  2. 写真=軍服の左胸につけていた歩兵第61連隊の徽章 連隊の自信と誇りを胸に 「最近、こんな物を手に…
  3. 写真=海軍の軍服に身を包んだ若き日の吉野さん 潜水艦搭乗で胸を病み夭折 今年の連載第1回(8月5…
  4. 写真=保養所で療養していた当時の坂本さん(後列右から5人目) 戦死した兄の敵を討つ みなべ町埴田…
  5. 写真=国民学校時代の体験を話す木下さん 子どもたちの生活にも暗い影 1931年(昭和6)の満州事…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る