山本投手の活躍に期待

 20日夜、大の巨人ファンの父が見ていたプロ野球中継に目をやると、マウンド上にはヤクルトの背番号20。由良町大引出身の山本哲哉投手(25)が投球練習をしていた。プロ入り2年目で、1軍初登板。うれしく、全18球に見入った。
 即戦力として期待されたルーキーイヤーには春季キャンプ中に右ひじを故障し、手術後のリハビリに専念。ことしの正月、帰郷した際に「覚悟はできていましたが、本当につらかった」と悔しさをにじませていたのを覚えている。5月7月に2軍で1年以上ぶりとなる実戦登板。1回4安打2失点と打たれはしたが、うれしいニュースだった。以来、山本投手の兄から教えてもらったコーチのブログをまめにチェック。だいたい2試合に1イニングの登板機会で好投を続けていた。
 待ちわびた1軍登録と初登板。坂本を速球で三振にとり、藤村を右飛に打ちとった。長野には粘られてフルカウントに。「フォアボールはあかん」。9球目、見事に二ゴロを打たせ、マウンドを降りた。ベンチ裏へ下がるまでカメラが追う。翌日のスポーツ新聞に「緊張しました」とコメントが出ていたように終始、硬い表情だったが、投球内容は素人目に完璧。最速に近い140㌔台の直球、縦に鋭く落ちるスライダーを駆使し、見事に巨人の上位打線を3人で抑えた。
 結果がすべてのプロの世界。チャンスを生かして好投し、地元にうれしいニュースを届けてくれた。正月に語ってくれた抱負は「もっと名前を覚えてもらえるようテレビに映って活躍したい」。21日現在、チームは2位に5ゲーム差をつけて首位を走っており、10年ぶり7回目のリーグ優勝、2年ぶりのクライマックスシリーズ進出へ、さらなる登板、活躍に期待したい。 (笑)

関連記事

フォトニュース

  1. おにぎりはやっぱり梅!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る