御坊人形の継承に期待

 恥ずかしながら先日取材で「御坊人形」の実物を初めて見た。制作の全工程が手作りというだけあって顔の表情や衣装の色彩などに繊細かつ素朴な魅力があると感じた。その御坊人形の継承者の田中丈助さんは「もう76歳でいい年やからそんなにデコ(人形)はよう作らんよ」と話していたが、なんのなんのお元気そうで、取材中はよくしゃべって、耳もよく質問にしっかり答えてくれた。
 そんな田中さんはこれまで有名な「御坊天神」だけでなく、さまざまな形の御坊人形を制作した話も教えてくれた。例えばプロ野球の阪神優勝の際にトラの人形を作って阪急百貨店で売ろうと張り切っていったが、結局のところ機械化で大量生産できる阪神関連の商品に太刀打ちできなかった苦い経験。さらには徳川吉宗ブームに乗じて吉宗人形を作ったが、「葵の御紋」を書き入れるのに手間がかかり過ぎて、労力と対価がつり合わなかったこと。また、宮子姫の人形を作って東京で売ろうとしたが、宮子姫のことが知られておらず、いま一つだったことなど。
 いずれもあまりうまくいかなかった話だが、ブームに乗ろうと考えたり、20年前に宮子姫に目をつけたりするチャレンジ精神は、大いに勉強させられるものがあった。制作の技術はもちろん、そのチャレンジ精神はまだまだ現役で、田中さんは「若い女の子が喜ぶような御坊人形を考案したらいいと思う。カップルに喜ばれるような男女のアベック人形もいいかもしれない」と話す。そんな元気な姿をみていると、まだまだ貴重な伝統工芸の技術が廃れることはないだろうと感じ、安心した。      (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. 花言葉は「楽しい思い出」

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る