高速の早期4車線化を

 夏休みに入ってから、日高地方のいたるところで県外ナンバーの車をよく見るようになった。里帰りや海水浴などだろうが、県外ナンバーが多いとマナー面で気になることもあるが、地域がにぎわっている感じもする。高速道路も有田~海南間が、5月までに上り下りとも2車線化したことで大分走りやすくなった。筆者は由良に住んでおり大阪方面へ向かうときは有田ICや広川ICから乗るが、以前は有田~海南間のトンネル渋滞が嫌で朝早く出発したり、遅くなれば外出自体を止めたりしていたが、いまでは時間を気にせずスイスイ走ることができる。
 すっかり和歌山の渋滞は解消されたものと思っていたが、そうではない。国道にある高速道路情報の電光板には、北向きでも御坊から広川くらいまで渋滞の文字。これまでの渋滞の原因は長峰トンネルなど3つのトンネルが長いことや狭いこと、微妙に上り坂になっていることなどといろいろ言われていたが、あまり関係なかったようで、渋滞の場所が移動しただけのようだ。
 6月19日の高速道路休日1000円制度の廃止の影響も、ありがたいことにあまりなく、観光客数に大きな変化はみられていない模様。計算してみると大阪市内から来る場合、1000円制度があっても片道550円、往復で1100円程度しか安くなっていないので、もともと他地域と比べて恩恵が少なかったとも言える。
 いずれにしても渋滞は解消されておらず、「和歌山=渋滞」のイメージが付けば、今後の観光をPRしていくうえでもマイナスになる。有田より南区間の、早期4車線化を望みたい。  (城)

関連記事

フォトニュース

  1. 密漁も不法投棄もせんといてな

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  2. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…
  3. B29へ決死の体当たり 欧州で第2次世界大戦が始まったのを受け、米軍は1939年(昭和14)11月…
  4. 3月17日の神戸大空襲に遭遇 アニメ映画化された野坂昭如の小説「火垂るの墓」、手塚治虫の「アド…
  5. 大阪空襲の直前に帰郷 印南町山口に生まれ、現在は美浜町吉原(新浜)に住む芝﨑シヅヱさん。父五郎右衛…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る