夢いっぱいの無花粉ササユリ

 淡いピンクの花をつけるササユリ。カサブランカなどのように派手さはないが、清楚な姿で甘い香りを漂わせ、見る者に癒やしを与えてくれる。筆者もとても好きな花の一つで、5~6月の開花シーズンには日高川町内の竹林内の小径「景子の夢の道」やみやま森林公園へ写真撮影に行くが、毎回うっとりと見入ってしまう。
 自生のササユリは、母が子どものころなどにはよく見かけたらしいが、近年は乱獲や環境の変化などで激減。市場価値は高いが栽培するにも課題が多いという。実は景子の道などのは自生花ではなく、同町のバイオセンター中津が培養したバイオササユリ。平成8年からバイオ技術を使って培養を始め、いまでは年間約5万個の球根を生産、切り花も約1万5000本を出荷するなど特産化に成功した。
 
そんな中、ことし5月関係者に朗報が舞い込んだ。栽培農家のほ場で無花粉のササユリが出現したのだ。ユリの花粉は衣類などに付着したり、花粉アレルギーの人も増加していることから無花粉ユリの人気が高まっている。花には無頓着な筆者だが、花びらに花粉がつかなければ一層美しいだろうし、服が汚れた経験もある。近年は無花粉ユリへの品種改良が進み、多くの品種がある。センターでも無花粉ササユリのクローン培養をスタートさせた。もとの個体が環境的な変異ではなく、遺伝的な要因で無花粉となっているのであれば、数年後には無花粉のクローンササユリが誕生する。より一層の普及促進や特産化、さらにはブランド化へと夢いっぱいに広がる取り組みで筆者もわくわくしている。遺伝的変異であってほしいと願いつつ、取り組みの行方に注目をしていきたい。   (昌)

関連記事

フォトニュース

  1. 鬼滅のアレも出るかも

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る