夏休み、目的を持って

 先日、仕事で友人の家を訪ねると、真っ黒に日焼けした子どもが迎えてくれた。学校は夏休み、うらやましく思いながら、そろばんを見てあげたり、一緒に遊んだ。「宿題は終わったかな?」と聞くと「あと1つ」。最終日にもがいていた自分を思い返し、とても感心した。
 その夜、バスケ仲間の誘いで後輩たちが合宿をしている母校の高校におじゃま。新チームになって2カ月たつか、たたないか、2年生2人、1年生7人が汗を流していた。聞けば、10日から12日までの3日間。初日の夜でまだまだ余裕はありそう、練習試合を終えて主将は「しんどいっす」と言いながらも「秋の大会で1勝できるように頑張ります」と生き生きした顔をのぞかせていた。また、会社の先輩の息子さんは「きょう試合に出られなくて悔しい」。「まだまだこれから」、頑張ってほしいと思う。
 いまではなつかしい恒例の合宿。筆者が1年のときは旧美山村へ行った。朝、昼、夜バスケ漬けの1週間。いまと同じように先輩たちがやってきてはボロ負けし、せみの鳴き声より大きい先生の怒号が響いていたほか、マネジャーを中心に自分たちで作った「おいしい」とは言えない料理の記憶がある。2年のときは田辺商業高校(現・神島高校)へ。朝から浜で走り、海で泳いでからの練習。台風で1日練習が休みになったり、缶けりといった楽しい思い出も多く残っている。
 「夏休みは計画的に」。先生がよく言っていた気がする。この年になると「一日中寝ていてみたい」と思わないでもないが、やはり勉強、スポーツ、習い事、思いっ切り遊ぶもよし。もうすぐ盆で折り返し、子どもたちには何か目的を持って充実した長期休暇を送ってほしい。    (笑)

関連記事

フォトニュース

  1. 気持ちよく踊れました

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る