デンキウナギに可能性?

 先日、「世界の果てまでイッテQ」というテレビ番組で「デンキウナギ」を捕獲するというコーナーがあった。南アメリカのアマゾン川などにいる大型魚で、成長すれば体長2・5㍍にもなる。名前の通り体から電気を発する危険なウナギで、最高電圧は800Vにも達し、人や大型の動物も感電して麻痺してしまうほど。そもそもなんで動物が発電できるのか非常に不思議で、思わずアニメ「ワンピース」に登場する雷人間「エネル」を思い出してしまい、「アニメのような話が現実にあるんだ~」と妙に感心。デンキウナギをちょっと調べてみると、筋肉が「発電板」という細胞に変化しているらしい。発電量は1つの発電板につき0・15Vで少ないが、数千個が一斉に発電することで強力な電圧になる。
 長々とデンキウナギの説明をしたが、何をいいたいかというと、いま問題になっている電力不足の話である。東日本大震災の福島原発事故で原発の利用が見直され、新たなエネルギーの開発が求められている。全くの素人考えだが、このデンキウナギの発電を生かすのはどうだろう。例えば数万匹、数億匹を超大型の水槽に入れて一斉に発電させ、電力を取るということはできないのだろうか。確かにデンキウナギの発電は時間にすれば約1000分の1秒しかなく、発電には向いてないらしいが、それでも大量に集まれば結構いけるのではないかと思う。さらに発電板という細胞の仕組みを研究して、持続的に発電できる「細胞発電」なるものを開発できれば一番いい気がする。仮に実現すればクリーンなエネルギーになると思うのだが…。何にしても立秋を迎えても暑い日が続き、電気予報が黄信号。デンキウナギがまだ使えそうにないので、節電に協力したい。   (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. バラエティー豊かに

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る