リアルな津波啓発を

 先日、印南町公民館で印南地区主催の大地震と津波の勉強会が開かれた。和高専の小池信昭准教授が、東日本大震災で津波被害が拡大した原因を解説し、東南海・南海地震のプレート構造なども紹介した。
 先立って行われた印南中学校生徒の発表も興味深かった。生徒たちは宝永級の南海地震が発生した場合、どの程度まで浸水するのかを写真で紹介。区民なら誰もが知っている建物や場所に、生徒たちが工事現場でよく見かける赤と白の棒を持って立ち、第1波の浸水高と約140分後の最大浸水高にラインを引いて示している。第1波では生徒の足元程度の浸水だった場所も、最大では生徒のはるか頭の上にラインが引いてある写真もあった。よく「津波がここまで来る」や「ここは浸水する」などと言われるが、実際写真にラインを引くことで視覚的にインパクトがあり、リアリティーが増したようで、集まった区民らも驚きながらも真剣な表情で見入っていた。
 以前、神戸市にある防災未来センターを訪れた際も、吹き抜けのスペースに過去の津波の高さを目印をつけて紹介したコーナーがあり、想像以上の高さに防災意識をあらためさせられたことを覚えている。
 東日本大震災を受け、各自治体が海抜表示板の増設など新たな津波対策を進めている。単純に数字で表すより、想定される津波の高さに何らかの表示をすることで、より津波をイメージしやすくなる。またハザードマップなどにも色分けで示すだけでなく、代表的な建物の浸水ラインを写真を使って掲載することで、より津波の恐ろしさがリアルに伝わり、防災意識の向上につながるのではと感じた。   (城)

関連記事

フォトニュース

  1. 来年もまた元気で会いましょう

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る