もう見られない日高川の筏流し

 日高川町と泉大津市の児童が交流するふるさと再発見ツアーが同町で行われた。毎年交互に両市町を会場に行われている事業で、ことしは児童60人が川遊びや山びこ、昆虫とのふれあいなどの田舎体験。楽しそうで取材のたびに少年時代の夏休みに思いを巡らすが、ことしは何だか物足りない。メーンイベントで日高川の夏の風物詩、筏アドベンチャーがなくなったからである。
 日高川の筏流しは江戸時代に始まり、明治期には木材の流通が盛んになり、筏流しも隆盛。日高川は難所が多く、日高川で鍛えた筏師は卓越した技術をもつことから鴨緑江(中国と北朝鮮との国境)などでも活躍したという。時代とともに陸上交通が発達、輸送手段は筏からトラックへと移り変わり、昭和28年の大水害で幕を下ろした。そんな筏流しを再現したのがアドベンチャーで、筏流し唄保存会の協力で毎年交互に再発見ツアーの児童と一般参加者約50人を15連筏に乗せて約2㌔の川下り。風流な唄声とともに絶景を眺められる旅は大人気で、筆者も毎年うらやみながらその模様をカメラに収め、いつかは乗るつもりでいた。
 中止は筏師らの高齢化が原因。当時、実際に木材運搬で活躍したベテランメンバーで、ほかに若手メンバーもいるものの経験に乏しく、船頭をするほどの高度な技術をもっていないため、安全面を配慮した。風物詩の復活を願うも、このまま姿を消す可能性は高く寂しい限りである。乗ることは半永久的にできなくなりそうだが、筏師らから聞いた話や書籍などで得た知識を語り、記念碑の見学を勧めるなどで先人の思いと日高川の歴史が詰まった筏流しと筏師らの勇壮な姿をいつまでも後世に伝え続けていこう。 (昌)

関連記事

フォトニュース

  1. 思ったより簡単かも

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る