もう見られない日高川の筏流し

 日高川町と泉大津市の児童が交流するふるさと再発見ツアーが同町で行われた。毎年交互に両市町を会場に行われている事業で、ことしは児童60人が川遊びや山びこ、昆虫とのふれあいなどの田舎体験。楽しそうで取材のたびに少年時代の夏休みに思いを巡らすが、ことしは何だか物足りない。メーンイベントで日高川の夏の風物詩、筏アドベンチャーがなくなったからである。
 日高川の筏流しは江戸時代に始まり、明治期には木材の流通が盛んになり、筏流しも隆盛。日高川は難所が多く、日高川で鍛えた筏師は卓越した技術をもつことから鴨緑江(中国と北朝鮮との国境)などでも活躍したという。時代とともに陸上交通が発達、輸送手段は筏からトラックへと移り変わり、昭和28年の大水害で幕を下ろした。そんな筏流しを再現したのがアドベンチャーで、筏流し唄保存会の協力で毎年交互に再発見ツアーの児童と一般参加者約50人を15連筏に乗せて約2㌔の川下り。風流な唄声とともに絶景を眺められる旅は大人気で、筆者も毎年うらやみながらその模様をカメラに収め、いつかは乗るつもりでいた。
 中止は筏師らの高齢化が原因。当時、実際に木材運搬で活躍したベテランメンバーで、ほかに若手メンバーもいるものの経験に乏しく、船頭をするほどの高度な技術をもっていないため、安全面を配慮した。風物詩の復活を願うも、このまま姿を消す可能性は高く寂しい限りである。乗ることは半永久的にできなくなりそうだが、筏師らから聞いた話や書籍などで得た知識を語り、記念碑の見学を勧めるなどで先人の思いと日高川の歴史が詰まった筏流しと筏師らの勇壮な姿をいつまでも後世に伝え続けていこう。 (昌)

関連記事

フォトニュース

  1. ぜひ皆さんで食べてください

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…
  2. B29へ決死の体当たり 欧州で第2次世界大戦が始まったのを受け、米軍は1939年(昭和14)11月…
  3. 3月17日の神戸大空襲に遭遇 アニメ映画化された野坂昭如の小説「火垂るの墓」、手塚治虫の「アド…
  4. 大阪空襲の直前に帰郷 印南町山口に生まれ、現在は美浜町吉原(新浜)に住む芝﨑シヅヱさん。父五郎右衛…
  5. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る