もう見られない日高川の筏流し

 日高川町と泉大津市の児童が交流するふるさと再発見ツアーが同町で行われた。毎年交互に両市町を会場に行われている事業で、ことしは児童60人が川遊びや山びこ、昆虫とのふれあいなどの田舎体験。楽しそうで取材のたびに少年時代の夏休みに思いを巡らすが、ことしは何だか物足りない。メーンイベントで日高川の夏の風物詩、筏アドベンチャーがなくなったからである。
 日高川の筏流しは江戸時代に始まり、明治期には木材の流通が盛んになり、筏流しも隆盛。日高川は難所が多く、日高川で鍛えた筏師は卓越した技術をもつことから鴨緑江(中国と北朝鮮との国境)などでも活躍したという。時代とともに陸上交通が発達、輸送手段は筏からトラックへと移り変わり、昭和28年の大水害で幕を下ろした。そんな筏流しを再現したのがアドベンチャーで、筏流し唄保存会の協力で毎年交互に再発見ツアーの児童と一般参加者約50人を15連筏に乗せて約2㌔の川下り。風流な唄声とともに絶景を眺められる旅は大人気で、筆者も毎年うらやみながらその模様をカメラに収め、いつかは乗るつもりでいた。
 中止は筏師らの高齢化が原因。当時、実際に木材運搬で活躍したベテランメンバーで、ほかに若手メンバーもいるものの経験に乏しく、船頭をするほどの高度な技術をもっていないため、安全面を配慮した。風物詩の復活を願うも、このまま姿を消す可能性は高く寂しい限りである。乗ることは半永久的にできなくなりそうだが、筏師らから聞いた話や書籍などで得た知識を語り、記念碑の見学を勧めるなどで先人の思いと日高川の歴史が詰まった筏流しと筏師らの勇壮な姿をいつまでも後世に伝え続けていこう。 (昌)

関連記事

フォトニュース

  1. この生命力にあやかりたい

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る