強いチームの秘訣

 平成23年度県中学校総合体育大会軟式野球で日高地方予選1位の日高が準優勝。地元開催枠での全国大会出場にはあと一歩届かなかったが、見事25年ぶりの近畿大会出場を決めた。その次の日、熱戦で声をからしたままの監督に取材させてもらった。
 日高地方予選は2戦目以降の3試合をいずれも1点差、県予選も初戦から準決勝まで1―0、1―0、2―0。「打撃中心のチームなんですが、点が取れないなか我慢してよく守った」と選手たちをたたえ、「ここ一番での集中力が発揮できたことが勝因ですね」と語った。軟式野球でロースコアの試合は珍しくないそうだが、8試合中5試合が1点差での勝利。その集中力発揮はどうやって生まれたのだろう。
 同校の監督になって3年目。新チームになってのこの1年間、選手たちに日ごろの練習から徹底させてきたことがあるという。「あいさつなくして上達なし」「仲間の上達を喜び自分も負けないように頑張る」「ふてくされ顔はチームの空気を悪くする」「チャンスを呼び込むプレーに徹する」「声はチームのバイタル」「人の話は耳とめて心で聞く」「返事は強く早く短く」の7つ。一つ一つ丁寧に意味や思いを教えてくれた。中学生、引いては人として当たり前のルール、スポーツに取り組む姿勢。そんな普段からの意識が接戦をものにする強いメンタル、強いチームをつくったのだろう。
 また、「エラーした選手ではなく、エラーをさせた周りの選手を怒ります」。野球に限らず社会人としても大切な言葉ばかりが聞けた。日高地方勢17年ぶり、同校としては準優勝した昭和61年以来25年ぶりの全国大会出場目指して頑張ってほしい。    (笑)

関連記事

フォトニュース

  1. 花言葉は「楽しい思い出」

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る