癒やし空間へ誘う風鈴の音色

 チリン、チリン―。夏風に揺られて響く風鈴の音色。連日のように暑いさなか、涼しさを運んでくれるとともに、何とも言えない心地よさを感じさせてくれる。「いつまでも聴いていたい」とさえ思う、本当に癒やされる音色である。
 そんな中、日高川町の日高川交流センターで、風鈴演奏家の風音(kazaoto)さんと歌手ユンイ(yung―Yi)さんによる「風鈴ゆらぎのコンサート」が開かれた。二人は「四季を通じて聴くことができる癒やしのサウンド」としての日本の風鈴の音の素晴らしさを世界に伝えようと活動しており、この日は十数曲を披露し、来場者を癒やしの空間へ誘った。心に染み渡る澄んだ歌声と30種類の風鈴が織りなすハーモニーに来場者はうっとり。目を閉じて聴き入っていたが、あまりの気持ちよさにうとうととする人もいた。
 音楽療法など音によるヒーリングは昔から行われてきており、「癒やしの音」を聴くと、崩れた心身のバランスが整えられるのだという。近ごろでは音響測定や調律などに使われる音叉(おんさ)でのヒーリングなども話題になっている。風音さんは世界でただ一人の風鈴演奏家で、風鈴サウンドは癒やし効果だけでなく、健康雑誌では耳鳴りが治り、聴力もアップする魔法の音として紹介されている。他に取材があったため後ろ髪を引かれる思いで途中で会場を後にしたが、風鈴の音色は心地よく心身に染み渡る癒やされるサウンドで、イスに座って聴いていたなら多分数分で眠っていただろう。ゆがんだ心身のバランス調整と、やや聴力が低い耳の改善も兼ねてゆっくりと癒やしの風鈴サウンドを聴いてみたいと思うとともに、窓際にはもう少し風鈴を増やそうと考えている。  (昌)

関連記事

フォトニュース

  1. は~い!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る