なでしこのハングリーさ学べ

 日本の女子サッカーが世界一になるなんて、どれだけの人が予想しただろうか。優勝どころか、ワールドカップが開幕していたこと自体、知ったのは準々決勝でドイツを破ったころという人もいたのではないか。代表選手の名前で聞いたことがあるのは澤穂希さんぐらい、それがW杯前の大方の見方だったろう。それがいまや、大野、宮間、丸山、川澄ら、すらすらと名前が出てくる。彼女たちがやってのけた偉業は、日本のスポーツ史上にいつまでも輝き続けることだろう。同じ日本人として誇りに思う。
 世界一強い国でありながら、彼女たちへの待遇の悪さには驚かされる。ベスト8でお祭り騒ぎだった男子は、優勝していれば一人当たりボーナス5000万円と規定されているが、ワールドカップを手にした彼女たちには、わずか150万円程度。男子の移動は専用機、それに引き換え女子は、海外ではシャワーの出ないホテルだったり、選手を数人ずつに分けて、現地の日本人宅などに泊まらせてもらったこともあるという報道があった。逆にこのような環境が日本女子を強くしたのかもしれない。優勝の原動力の一つは厳しい環境で培ったハングリーさだろうか。
 強いチームには、必ず強力なリーダーがいてチームをまとめ、全員が一丸となって目標に向かって突き進む。なでしこでいえば澤選手がそうであり、団結力が感じられた。それに引き換え今の日本の政治のだらしなさは目も当てられない。リーダーは不在、チームはバラバラ、こんなことで国をよくすることなど不可能だ。政治だけではない、今の日本に最も足りないのはハングリーさではないか。なでしこたちに学ぶべきことは多い。   (片)

関連記事

フォトニュース

  1. 思ったより簡単かも

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る