鳥獣捕獲へ立ち上がろう

 本県でもイノシシやシカなど有害鳥獣の農作物被害が深刻化する中、環境省の中央環境審議会野生生物部会が有害鳥獣の捕獲推進に向けた基本指針をまとめ、来月中旬に告示する。
 この指針の一番のポイントは、狩猟免許を持たない人でも講習を受講すれば免許所持者の監督の下でわなを使った有害鳥獣捕獲に参加できることだろう。これまで被害を受けた農家ではネットを張ったり、電気柵を設置したり、自分の田畑を守るための対策が中心だった。もちろん、ハンターや行政の協力を得てわなを仕掛けてもらうこともあるが、たくさんある田、畑全てに対応できるはずもなかった。しかし、今度は農家の人たち自らが立ち上がるときがきた。狩猟免許保持者の監督下という若干の条件は付くが、事実上自分たちがわなを仕掛けて捕獲するという攻めの姿勢に転じることができる。
 ただ、いろんな場所の田畑にわなが仕掛けられるようになると、人への事故が心配される。わなの種類にもよると思うが、例えば檻(おり)のわなに興味本位で近付いた子どもが閉じ込められたり、落ちてきた檻の扉に腕を挟まれ骨折等々。こんなことが起きないよう十分な注意、啓発が必要。あと、農家の人たちが捕獲した鳥獣をどうやって処分するのかも問題。自分でするのは危険だから、もちろん監督している狩猟免許保持者が銃殺などするのだろうが、その人がたまたま地元にいなかったり、連絡が取れなかったりしたらどうするのか。今後、どんどん捕獲が増えると予想されるので、行政で「捕獲鳥獣処分隊」みたいな組織をつくって対応すればいいのではないだろうか。
 いずれにしても鳥獣被害の軽減に期待したい。 (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. 思ったより広いな~

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る