借りぐらしのアリエッティ

 アニメ映画界の巨匠宮崎駿さんが企画・脚本を手がけたスタジオジブリ作品「借りぐらしのアリエッティ」がDⅤDでレンタルを始めたので、早速借りた。物語は人間の家の床下で「小人」が、食料や日用品を迷惑にならない範囲で少しずつ「借り」ながら生活していく設定。その借りた食料などをいつ返すのか本編では紹介されないため、小人たちがしていることはただのこそ泥のように思えるが、そんなヤボなことをいってはこの物語の本質から外れる。
 ストーリーは主人公の小人の女の子「アリエッティ」が人間の少年「翔」に自分の姿を見られてしまうところから始まる。小人が人間に見つかることは厳禁だが、心臓病を抱えながらも心優しい翔とやがて心を通わせていき、世の中には安全で安心できる人間もいることを知る。途中まで観た段階では「結局のところ人間と小人とが種族を超えて仲良く生活することになるのかな」なんてハッピーエンドを予想していたが、ラストは全くそうでもなかった。何かもどかしさが残る感じだが、最初から最後まで静かで心温まる雰囲気で展開される物語に独特の「癒やし」を感じる。これはジブリ作品の特徴ともいえる。
 毎回、ジブリ作品にはさまざまな社会的なテーマが隠されているが、今回は「生きることへの勇気」ではないだろうか。果たして心臓病の翔は生きることに絶望を感じながらも、手術を受けてその運命はどうなるのか。本編で特に紹介されているわけではないが、どこかにその答えのヒントが隠されている。それを知ったとき、さらに物語に深い味わいを感じた。      (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. いたずらしちゃうよ~

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る