借りぐらしのアリエッティ

 アニメ映画界の巨匠宮崎駿さんが企画・脚本を手がけたスタジオジブリ作品「借りぐらしのアリエッティ」がDⅤDでレンタルを始めたので、早速借りた。物語は人間の家の床下で「小人」が、食料や日用品を迷惑にならない範囲で少しずつ「借り」ながら生活していく設定。その借りた食料などをいつ返すのか本編では紹介されないため、小人たちがしていることはただのこそ泥のように思えるが、そんなヤボなことをいってはこの物語の本質から外れる。
 ストーリーは主人公の小人の女の子「アリエッティ」が人間の少年「翔」に自分の姿を見られてしまうところから始まる。小人が人間に見つかることは厳禁だが、心臓病を抱えながらも心優しい翔とやがて心を通わせていき、世の中には安全で安心できる人間もいることを知る。途中まで観た段階では「結局のところ人間と小人とが種族を超えて仲良く生活することになるのかな」なんてハッピーエンドを予想していたが、ラストは全くそうでもなかった。何かもどかしさが残る感じだが、最初から最後まで静かで心温まる雰囲気で展開される物語に独特の「癒やし」を感じる。これはジブリ作品の特徴ともいえる。
 毎回、ジブリ作品にはさまざまな社会的なテーマが隠されているが、今回は「生きることへの勇気」ではないだろうか。果たして心臓病の翔は生きることに絶望を感じながらも、手術を受けてその運命はどうなるのか。本編で特に紹介されているわけではないが、どこかにその答えのヒントが隠されている。それを知ったとき、さらに物語に深い味わいを感じた。      (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. オッス! ボクきぃぽん

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る