百聞は…一果にしかず

 3日の日高町総務福祉常任委員会で、県の東日本大震災災害派遣に参加した職員が撮影した被災地の写真を見せてもらった。現場は岩手県山田町周辺。倒壊した家屋から始まり、6㍍あった防波堤、防潮堤が無残にも破壊されている1枚。さらに津波が押し寄せたあと、大規模な火災で丸こげになった建物などもあり、悲惨な状況が伝わってきた。現場で目の当たりにした職員は「言葉も出なかった」。写真を見るだけでも恐ろしかった。
 「百聞は一見にしかず」。いくら話を聞いても自分の目で見てみないと、現実は理解できないといわれる。テレビや新聞報道で被災地の状況は伝えられているが、現場に行ってみて初めて分かることもある。災害派遣に参加した職員は被災者支援の合間、住民たちから話を聞くことができ、「震災発生当時の混乱がひと段落して行政に望むことは、罹災証明書を速やかに発行してほしいということ。役場で申請してから3週間もかかる。銀行や病院で必要なのに、なんとかしてほしい」という声があったと紹介していた。役場機能がまひした時にどうすればいいか。日ごろからの備えで対応できることであり、大いに参考になるだろう。
 「百聞は一見にしかず」には続きがあるそうで、「百見は一考にしかず」。さらに「百考は一行にしかず」、最後に「百行は一果にしかず」。現実を確認したあとには、考えなければ何も進まない。いくら頭で考えても、行動を起こさなければ何も変わらない。いくら行動しても、成果につながらないと成長しない。そういう意味だという。まさに防災対策にも当てはまる。大震災を教訓に一考、一行、一果と命を守る施策を進めていかなければならない。  (賀)

関連記事

フォトニュース

  1. 久しぶりにわいわいやってます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る