大雨時の運転に要注意

 2年ほど前、大雨が降っている日に車を運転し、右曲がりのカーブに差し掛かったとき、道路に大きな水たまりができていた。少し急いでいたこともあって、ほとんど減速することなく水たまりの上を走り抜けようとしたとき、ハンドルが勝手に右に切れだしそのまま対向車線に。あわてて左に切ろうとしたがなかなか動かず、それでも力を入れると今度は勢いよく左に向かい始めて、道路の横の溝に落ちそうになった。交通量の少ない道だったから助かったが、もし対向車が来ていたらと思うといまでも怖くなる。水たまりでタイヤが浮いてしまうという「ハイドロプレーニング現象」だったのだろうか。いまでは水たまりを見るたびに、できる限り減速するようにしている。
 ことしの梅雨は例年以上に雨が多い。特に前が見えなくなるほどの大雨がすでに何回か降っており、道路が滝のようになっている個所もあるので、運転時は注意が必要だ。スピードを控えめにし、車間距離はいつも以上に多めにとり、ライトを点灯。たまに水たまりを豪快に水しぶきを上げながら走る車を見るが、筆者のようにハンドルを取られかねないので危険だ。特に冠水時はスピードを落としても路面状況が見えず、思わぬ深みにはまってエンジンに水が入れば、故障の原因にもなりかねない。
 大雨対策としてタイヤのへりやワイパーなどのメンテナンスも大切。いずれにしても大雨時の道路は車の動きが遅くなり、平常時より時間がかかることがあり、あせってスピードを出しすぎると事故の原因になりかねない。いつもより時間に余裕を持って出発することも効果的な対策の一つだ。       (城)

関連記事

フォトニュース

  1. 今年も咲きました!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る