右手の親指の存在感

 右手の親指を痛めてしまった。鍵をかける拍子に、かたくてなかなか動かないのを無理に回そうと、変な部分に力を入れてしまったらしい◆親指の付け根の関節に違和感がある。気をつけないと、何かの勢いでばね仕掛けのように「パン」とはずれてしまいそうで心もとない。いわゆる「ばね指」という症状では、と調べてみたが、そこまでは至っていなかった。とにかく親指を外側に広げると痛いので、大きなものがつかめない。親指に力が入っても痛くて、ペットボトルのふたも開けられないのには閉口した。利き手なので困る。残る4本の指を重点的に使い、左手の助けを借りながらいろんな動作を行うことになる。何らかの動作のたびに支点・力点・作用点のてこの原理を思い出す。親指の付け根はてこの支点となって力を発揮していたのだなということが分かる◆患いを持つということは、その部分の存在を意識するということ。一病息災というが、一つ不自由な部分があるとなんでも心して行うようになる。不用意な動作が患部にダメージを与えかねない、と慎重になる。体全体のバランスをとりながら、弱い部分をかばって動く。不足の部分があればあったで、他の部分が自然とそれを補おうとする。体の構造についてあらためて考える、いい機会でもある。悪くはない経験かもしれない◆冷やすこと、使わないこと。その2原則を守っているうちに、どうやら治ってきたようだ。快癒すればたちまち忘れてしまう感覚かもしれないが、一度得た経験は何らかの時に教訓として働いてくれることもある。けがの経験もある意味、財産のうちに数えられるかもしれない。    (里)

関連記事

フォトニュース

  1. 南部高の調理実習室で

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る