SAのさらなる活躍に期待

 高速道路印南サービスエリア(SA)を運営する日高観光物産センター㈱は、平成23年度の上り・下り施設の売り上げをまとめた。3年連続右肩上がりだった上り線は前年度比1・5%減と初めて下回ったが、ほぼ横ばいで目標の1億5000万円は達成。昨年4月28日にオープンした下り施設も目標の8000万円を超える好調なスタートを切った。下り施設オープン当初期待されていた、白浜方面への「行き(下り)で特産品を見て、帰り(上り)に買う」という相乗効果は数字上現れなかったようだが、下りだけでも十分な売り上げを達成し、不景気の中でもSAの運営は順調なようだ。
 また印南SAでは、現在印南町などが高速バス停の設置を進めている。みなべICから和歌山市、大阪、京都の3方向へノンストップで走っている高速バスの停留所で、順調にいけば11月にも乗降車できるようになる。主に印南町民の交通の利便性アップが目的だが、逆に考えれば大阪や京都からノンストップで印南にこれるようになり、観光客の誘致にも期待。今後、行政や各団体が協力して取り組んでいくことが必要だ。
 高速道路のSAやPAといえば、昔はトイレと軽食くらいのイメージしかなかったが、いまではPRの場として各地域でフル活用している。印南SAも22年度はレジを通る人だけでも32万人。トイレや自販機だけ、家族連れなども数えると2倍以上の人が訪れているのだろう。ETC割引の動向が気になるが、上りの海南―有田間の2車線化で渋滞が緩和され観光客増加が見込まれる中、日高最大の情報発信の場として今後の活躍にも期待したい。      (城)

関連記事

フォトニュース

  1. いまが見ごろです

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る