先入観やイメージを捨てよう

 季節外れの台風が日本各地にツメ痕を残し、日高地方にもとくに農作物や農業用施設に被害を出した。あくまで予報だが、接近前は梅雨前線の影響もあって雨台風といわれていたが、実際は雨よりも風による被害がほとんどだった。これだけ科学が発達しても、自然相手では予想通りにはいかない。目の前に迫っている台風ですら来てみなければ分からないのだから、地震の予知、被害予想など至難の業といえるのかもしれない。
 しかも今回は、温帯低気圧に変わってからの方が被害が大きかった。警報が解除されてからの方が風が強かったのだ。そんなこともあるのが当たり前なのだが、温帯低気圧になったというだけで、まるで荒れ狂っていた海が急に凪ぐかのように、まったく無害のものに変化したように錯覚してしまう。台風ではなくなっても、低気圧には変わりないはずなのに。勝手な先入観が油断を生んでしまう。取材の中で話を聞いた農家の人も、ハウスのビニールを外そうか迷ったが、温帯低気圧に変わったから大丈夫だと思ったといっていた。温帯低気圧に変わるということは勢力が衰えていることに間違いはないが、局地的に突風や豪雨に見舞われる可能性があることも頭に入れておかなければならない。
 南海地震も、今後30年以内の発生確率が60%といわれると、30年を一つの基準にしてしまう傾向がある。あと30年はこないだろう、地震まであと30年はあるなどと勝手に自分の頭に刷り込んでいないだろうか。あくまで確率を示すための数字ということを忘れてはならない。思い込みや勝手なイメージは大敵、という意識改革がまずは必要だろう。 (片)

関連記事

フォトニュース

  1. 来年はボクらの年だよ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 写真=広島県江田島の海軍兵学校へ入校した俊一さん スマートな海軍に憧れて 日高地方の基幹病院であ…
  2. 写真=軍服の左胸につけていた歩兵第61連隊の徽章 連隊の自信と誇りを胸に 「最近、こんな物を手に…
  3. 写真=海軍の軍服に身を包んだ若き日の吉野さん 潜水艦搭乗で胸を病み夭折 今年の連載第1回(8月5…
  4. 写真=保養所で療養していた当時の坂本さん(後列右から5人目) 戦死した兄の敵を討つ みなべ町埴田…
  5. 写真=国民学校時代の体験を話す木下さん 子どもたちの生活にも暗い影 1931年(昭和6)の満州事…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る