地震プラス台風の恐れ

 東日本大震災が発生してから3カ月余り。本県でも近い将来大規模地震の発生がいわれており、日々さまざまなことを考えさせられる。現行の地震、津波の規模の想定ではもはや通用しないことは明らかであり、国や県も防災計画の見直しを進めている。しかし、それだけでは何か足りないような気がする。
 というのは、例えば市の想定をみると、東海・東南海・南海地震の同時発生で満潮時に津波がくる最悪のシナリオだとしている。この想定には地震、満潮、津波の3要素が含まれているが、先日の集中豪雨でふと思った。この3要素のほか、仮に台風も同時に発生したらどうなるだろうか。地震で避難タワーに避難しても屋根がないため風雨にさらされる。避難タワーは高い場所にあるため、落雷の恐れもある。さらに台風に伴う大雨は日高川を増水させ、追い打ちをかけて地震で日高川町の椿山ダムが決壊。流域が大洪水に見舞われる。市内一帯は洪水と津波のダブルパンチで一面濁流に覆われているかもしれない。山間部では大雨で地盤が緩んだところに、地震の発生で山崩れが多発し、道路寸断、家屋倒壊などなど。もちろんこれが夜間で停電などの要素も入れば避難は困難を極める。
 まるで世界の終わりのような惨状で、死者数が一体何人にのぼるか想像もつかないが、こういった災害が複合的に起こる可能性が万に一つでもないとはいえない。それこそ、そこまで考えたらどんな対策をしたらいいのか問題だが、一つの可能性として住民や行政が心構えを持っておく必要があるのではないだろうか。     (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. 山も車両も気をつけましょう

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る