感謝、喜びを分かろう

 ここ数日、いい天気が多く、そして何より暑い。節電を心がけてはいるが、冷房なしでは過ごせない。そんななか、実家では梅の出荷が続いている。春以降の低温のせいか例年ならもう終わっているだろう時期だが、まだまだ両親が朝早くから夜遅くまで作業している。
 先日、選別作業の手伝いをした。胸を張って言えるほどではないが、学生時代からできるだけ手伝うようにはしている。ことしは最悪。果実の表面がすすのように黒くなる「すす斑病」が発生している。落胆する両親に聞くと、近年になく発生は多く、「さっぱりやわ」。新聞報道によると、5月末から6月初めに発生が確認されて以降目立ってきており、地域を問わず紀南地方全域で発生しているようだ。すす斑病は5月中旬以降の多雨条件で発生しやすいといわれており、ことしは春以降の低温による生育や熟期の遅れに伴い収穫も遅れ、うちを含めて例年であれば収穫が済んでいるところでも被害に遭っているそう。それでも農家の人は収穫し、出荷。そして来年へ向けて木の世話をして、というように一年、また一年と続けていくと考ると、仕事といえど頭が下がる思いだ。
 少し話は飛んでしまうが、農作物への鳥獣害について「対策に被害額の何倍、何十倍もの税金をかけるよりも被害額だけ補てんすれば安く済む」という声が街や農家以外の人から聞かれるという。「ごもっとも」と思わないでもなく、自信を持っての反論はできないが、年間を通して作物を育てる農家の気持ちが無視されている。農業に限らず、仕事は金儲けだけが目的ではない。学校で子どもたちが食育や体験を通して学んでいるのと同様に食への感謝、成長に対する喜びの心が分かるようになろう。 (笑)

関連記事

フォトニュース

  1. おにぎりはやっぱり梅!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る