新聞連載小説の醍醐味

 荒山徹氏の本紙連載時代小説「砕かれざるもの」が29日付で、第200回をもって終了した。連載中から「この続きが読みたいから、新聞が届くのを毎日楽しみにしている」とのお声をいただくなど、好評を博した。ご愛読に感謝申し上げたい◆歴史の中には、有名・無名含めて無数の物語が内包されている。史実を軸に、陰の部分にまで想像力の触手を伸ばして、新たに一つの物語を構築する。著者のその構築力を楽しむのも、歴史小説の醍醐味だろう。「砕かれざるもの」は、史実に残る最初の流人となった宇喜多秀家という個性的な戦国大名の存在を軸に、将軍家対加賀百万石前田家という表舞台にはない戦いの構図を出現させている◆主人公と柳生一族に宮本武蔵ら剣豪の戦い、キリシタン王国を夢みて果てた高山右近、そして老いてなお凛然たる威厳を持つ秀家が藩祖前田利家の娘豪姫と貫いた堂々たる愛と、読者を楽しませる工夫もふんだんに用意。エンターテインメント性に富むうえ余韻の残る傑作であった。砕かれざるものとは、権力者の意のままに潰される運命を主人公の命を賭した戦いで退けた加賀前田家の誇りであるとともに、亡き師の教えを胸に幾多の過酷な試練を経てしなやかに成長した、秀家の血を引く主人公の若き剣士の心をも指すのかもしれない◆本日の紙面から新連載小説、あさのあつこ著「かんかん橋を渡ったら」がスタート。著者はベストセラー「バッテリー」で知られる児童文学作家。心理描写や自然描写がきめ細かく、読者を惹きつける作家である。順を追って少しずつ読むうち物語が一本のラインとなって動き出し、やがて一つの世界を構築する。そんな新聞小説の醍醐味を味わうためにも、ぜひ第1回から欠かさず読んでいただきたい。   (里)

関連記事

フォトニュース

  1. 日高の魅力をPRします!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る