百円笑店街に期待

 市内商店街などの活性化イベント「百円笑店街」が、28日に行われる。参加店は生鮮品販売から食べ物屋、工芸品店、菓子屋、オモチャ屋、衣類販売、散髪屋、薬屋など100店舗あり、100円出せば食べ物や日用雑貨などさまざまな商品を買える。とりあえず商店街に足を運んでもらうきっかけにし、魅力を再発見してもらうのが目的。もともと山形県新庄市が最初に始めて全国に広がり、大阪でも千林・黒門市場などで大きな成果を上げている。本県では昨年10月に田辺市が実施し、多くの来客があった。
 ただ、大阪など人口の多い場所では客がたくさん集まる気がするが、人口が少ない御坊では若干不利な取り組みだと思う。しかし、商店街の人たちが一丸となって新しいイベントを実施することは、大きな意義がある。何もしなければ後継者不足が深刻化し、一層シャッターを閉める店が多くなるだけ。イベントを通じて商店街の人たち自身が元気、やる気を出すことが地域活性化の第一歩だ。
 この取り組みは今回だけの単発で終わるのではなく、今後定期的に実施していく。そうしてやがて定着すれば、県外からも集客できるかもしれない。また、評判がよければ、実施日に合わせて旅行会社が日帰りのバスツアーを企画して観光客を連れてきてくれるかもしれない。もちろんそんな期待をするばかりではなく、こちら側からもPRや売り込みにいけばいい。あと、イベントが定着するまでは、何か他のイベントと同時開催にして集客を図る方がいいと思う。例えば秋の復活商工祭のときにすれば多くの客が見込め、いいPRにもなるだろう。何にしても、イベントが成功するよう応援していきたい。   (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. ありがとうございま~す!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る