「相身互い」の気持ち

 演歌、歌謡曲作家の大御所4人がスクラムを組み、東日本大震災の復興支援ソング「がんばれ援歌」を制作。6月29日にCDリリースすることになった。作詞家の1人、もず唱平さん(72)は日高町クエのまちテーマソング制作の中心人物で歌い手は御坊市出身の高橋樺子さん。印税は被災地支援へ全額寄付されるうえ、地元にも深い関係があり、大ヒットが期待される。
 もずさんは阪神淡路大震災で、妹が被災されたそうだ。命を落とすことはなかったが、地震発生後から仕事がなくなり生活も成り立たなくなった。日々の暮らしに困る中、たくさんのお見舞いや支援を受けて生活再建ができ、いまでもその温かいサポートに感謝の気持ちでいっぱいだという。今回、大地震発生10日後の3月21日に歌作りを決め、4月17日から20日まで福島、茨城の両県も訪問。ミカンやバナナ、タオルなど計10㌧もの救援物資を持って行き、同行した高橋さんは歌声で被災者の心のケアにも一役買ったという。
 もずさんに取り組みの動機を聞いたところ、一言で「相身互い」(あいみたがい)という言葉が返ってきた。同じ境遇にある者同士が同情し、助け合うことなどの意味があり、簡単にいえば「お互いさま」。いま、同じ境遇にある者同士ではないが、以前に身内が受けた恩を何かの形で返したい。そんな思いが強く、行動を起こすことになったそうだ。
 地震発生から時間が経つと、悲惨な震災のことも徐々に薄れる。歌には聞く人を感動させたり勇気、元気づけたり、さまざまな力があるが、この復興ソングでは作家たちの「相身互い」の気持ちも多くの人たちに伝わってほしいと思う。   (賀)

関連記事

フォトニュース

  1. ありがとうございま~す!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る