恐怖伝わる被災者の声

 先日、東日本大震災で被災し、日高地方へ引っ越してきている高田有、新子さん夫妻の講話を取材した。震災当日、テレビで放送されていたような津波が押し寄せてくる様子を目の前で体験しており、「津波はまるで真っ黒な溶岩で家や車をすべて飲み込み、盛り上がりながら向かってくる。死ぬときはこういう感じなんだろう、というほどの恐怖感を味わった」と生々しく語った。
 各地に大きな被害をもたらした津波だが、意外にも到来するまでは高田さんも周辺にいた人も楽観的だったという。というのも震災の少し前にも震度5の地震があり津波が到達したのだが、予想より低く気仙沼市でわずか1㍍程度。震災後6㍍以上の津波が放送されていたが、「せいぜい2㍍程度だろう」と甘く見てしまう結果になったという。さらに津波が到来するまで時間が遅かったこともあり、山に避難した人のうち、何人かは下山し津波に飲み込まれたという。
 震災当日、和歌山県内でも大津波警報が発令された。津波警報の出し方にも問題があると思うが、実際のところ危機感をもっていた人は少ないのではないだろうか。今回の地震で、津波や被災地の様子をテレビで目の当たりにし意識を新たにした人は多いだろうが、被災者の話はより具体的な恐ろしさとともに、後悔、教訓などが伝わってくる。
 日ごろの訓練はもちろん重要だが、まずは地震・津波への危機意識を高めることが大切。今後、各団体などの講演会で積極的に被災者を招くとともに、多くの人に参加してもらい、生の声を聞いて本当の地震の恐ろしさを知ってほしい。  (城)

関連記事

フォトニュース

  1. ラーメンの湯切りの落下速度は?

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る