御坊の「日本一」生かそう

 かつて水不足のためサツマイモや麦しか栽培できなかった名田の農地は、昭和40年代に農業用水が引かれ、さらに水質改良、農道新設などが行われ、いまではスターチス、スイートピー、カスミソウなどが栽培される日本一の花の里に生まれ変わった。そんな土地改良施設を維持、発展させてきた名田周辺土地改良区がことしで創立50周年を迎え、先日記念祝賀イベントも実施された。前田敏雄理事長は式典で「名田周辺地域の大きな財産であるこの土地改良施設を守り育てることが世代を超えた私たちの使命だ」と決意。土地改良区は地元農業振興になくてはならない組織で、ぜひ今後も頑張ってもらいたい。
 さて、記念祝賀イベントではスターチスの花摘み体験が行われたが、子どもから大人まで大人気。特に無料で摘み放題ということもあって、両腕いっぱいに抱え込むほど摘んでいる子どもたちもいた。スターチスといえば紫やピンクなどの色があり、花が歯ブラシの形のようになっているのが特徴。見た目の派手さはないが、シャンと立っている様子は気品が漂う。日持ちもよく、自宅での観賞用にもってこい。だからこそ花摘み体験に多くの人が参加したともいえる。
 前々からいっているが、これだけ喜ばれる花摘み体験を本格的に観光にすべき。摘み取った花は土産にきっと喜ばれるはず。いま人気があるのは日帰りツアーだから、花が枯れることもないだろう。また、観光客を呼ぶにはセールスポイントが必要だが、「日本一の花の里」は十分に使える。もちろん花摘み体験だけでは1時間ぐらいしか持たないので、他の観光地巡りと組み合わせる必要がある。とにかく御坊で数少ない「日本一」を生かしてはどうか。    (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. 日高の魅力をPRします!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る