相手の気持ちになって

 この仕事をしていると、自然に「逆の立場」や「相手の気持ち」を考えるようになる。公平、公正な記事を書くうえで重要になるからだ。例えば、町が「園児の数も減ってきており、施設を維持するのは厳しい財政状況の中では苦しい」と保育所の統合を発表したとする。町の発表だけを報道するのならば町の広報紙でも十分で、新聞社の仕事はそれだけで終わってはならない。実際に統合されれば通園などで困る保護者たちの声も取材し、何か問題があるならば多くの人に伝え、本当に計画通りでいいのか検証する機会を提供することも大切。統合される側の意見も記事にしてこそ、新聞社の存在価値が高まると思う。
 日常の些細なことでも相手の気持ちは大切。自分が使ったときにコピー用紙がなかったらどう思うか。次の使用者のことを考えれば、補充しておくのは当たり前のことだと気がつくはず。仕事でいえば、こんな内容で記事を書かれれば相手はどう思うか、記事を書いてほしいと依頼を受けた時、限られた紙面の中でどの部分を重視して伝えると喜んでもらえるか。まだまだ他人に胸を張れるほどではないが、新人記者には「逆の立場」「相手の気持ち」、これを常日頃から考えてもらいたいと言っている。
 東日本大震災から2カ月。被災地はまだがれきの山、たくさんの避難住民がいて、喫緊の課題が山積している。これまでの復興や原発問題の取り組みを見ていると、政治家、特に国のトップにいる人たちには本当に被災者の気持ちが分かっているのかと疑いたくなる場面が多い。震災後よく流れるCMではないが、目に見えない「思い」より、被災者の立場に立った、目に見える「思いやり」を発揮してほしい。  (賀)

関連記事

フォトニュース

  1. 思ったより広いな~

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る