戦いの連鎖を断ち切るのは許すこと

 先日、田辺市龍神村殿原区で、太平洋戦争終戦間際の昭和20年に同地区内に墜落した米軍機B29の搭乗員(11人)の冥福を祈る慰霊祭が行われた。住民らが区内の惣大明神の慰霊碑前に参列。焼香などして手を合わせ、恒久平和を祈った▼地元の住民らによると、B29は昭和20年5月5日、日本の戦闘機「紫電改」との空中戦で殿原西ノ谷地区に墜落、搭乗員11人のうち7人が死亡。残り4人はパラシュートで脱出したが、いずれも捕虜として捕らえられ、終戦までに殺害されたという▼この出来事で注目しなければならないのは、戦時中だったにも関わらず住民らが死亡した7人を手厚く埋葬し、木製の十字架の墓標を立てたということだ。加えて捕虜となった4人に対しても食料を与えた住民もいたという。国同士が対立関係にありながらも、人間個人としてはどこかで許せる気持ちがあったのだろう。戦後65年が経過した時に地元の郷土史研究家の古久保健氏は亡くなった米兵の遺族を探し、現在はメールで連絡が取れるようになっているという。この地域と米兵の遺族との国際的な友好関係があるのも、こうした経緯があったからだろう▼先日、国際テロ組織アルカイダの最高指導者、ウサマ・ビンラディン容疑者(54)が米軍に射殺されるというニュースが大きく報道された。アメリカの民衆は2001年のテロ事件の容疑者が殺されたことで喜びが湧き上がったようだが、復讐には恨みしか生まれない。複雑に物事が絡み合う国際的な問題を簡単に考えるのは無理があるが、戦いの連鎖を断ち切るのはどこかで相手を許すことしかないのかもしれない。アメリカが言う正義とは何だろうと、考える。     (雄)

関連記事

フォトニュース

  1. 御坊で会いましょう!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る