もっと防火意識持とう

 仕事柄、住宅火災の現場を何度も見てきた。その中には、火事に気づくのが遅れて煙や火に巻かれて尊い命を落としたケースもたくさん含まれている。あともう少し早く火事に気づいていたら、自力で外に脱出できていたと思われる場合も結構あるのが現状。火を出さないことが最も重要であるが、予測できないところで、ほんのわずかな不注意で火災は起こってしまう。いざというとき、自分や家族の命を守るのは、自分でしかないのが現状だ。
 ほとんどの人は知っているだろうが、平成18年6月に消防法が改正され、5年以内、すなわち今月末を期限にすべての住宅に火災警報器の設置が義務化された。煙や熱をいち早く感知して警報音で知らせてくれることで、住宅火災による死亡原因の6割を占める「逃げ遅れ」を防ごうというのが狙いだ。外国、とくに早くから取り組んだアメリカでは警報器設置率の上昇とともに、死者が飛躍的に減少したという。助かった人にとっては魔法の製品となったことだろう。
 それにしても設置率は思うように上がっていない。日高地方では全体で50%前後というのが現実だ。義務化といっても罰則規定がないのが大きな要因の一つだろうが、要するに防火意識の低さの表れである。もしもに備える意識をもう少し高く持ちたい。
 それからもう一つ、住宅火災の逃げ遅れで亡くなっているのは、一人暮らしの高齢者が目立つ。火災に気づいても一人では思うように逃げられない人が多い。火災弱者を助けるには地域の協力が必要。火災警報器が近所の人や、行政機関にも連動してつながるようなシステムの構築も検討してほしい。      (片)

関連記事

フォトニュース

  1. 渓流の女王 アマゴ解禁

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る