無償の愛に感謝

 先月29日、イギリスのウイリアム王子とキャサリンさんが挙式。多くのマスコミが渡英するなか、同じ日、友人のロイヤルウエディングに列席した。
 保育園、小、中、高校と一緒に通った友人。小学生のころは同じ塾に通い、中学、高校は同じクラブで汗を流した。大学時代は府県をまたいでよく遊び、多いときで毎週、長いときで1週間。社会人になってから仕事の都合や時間が合わずに会う機会は減ってしまったが、学生時代の楽しい思い出とともに変わらず仲良くさせてもらっている。
 昨年の秋、「結婚するわ。スピーチ頼んどか」という電話があった。「自分の実力以上のものを出そうとするから」と言い聞かせても人前でしゃべるのは苦手。どうにかならないだろうか、また、他の人はしない、できないことをしようと、新郎の母に手紙を書いてもらった。待望だった3人目の長男で、子どもの頃からを振り返って今、思い出や感謝が詰まる愛情いっぱいの内容。友人を代表した祝辞ではなく、その場に本人がいる代読だったが、読みながら感動で目頭が熱くなった。
 ロイヤルウエディングから始まったゴールデンウイークは、きょう8日の母の日が最終日。手紙のなかにも「手荒れがひどいからと食洗器を買ってくれましたね」とあった。毎年、気にしないでいるが、ことしは友人にならおうか。母の日前日の朝、母親から「ロールケーキでええわ」と言われた。「はは」と流すと、「やっぱり娘を産んでおけばよかった」と言う母。「男か女かじゃなく育て方の問題やな」と返しておいた。親から子への無償の愛。日ごろからの感謝を込め、フルーツ入りロールケーキを買って帰ろうと思う。       (笑)

関連記事

フォトニュース

  1. 昔はどの家でも作ったけどな

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る