読めるけど書けない

 「蒟蒻」「躊躇」この漢字を読めるだろうか?順に「こんにゃく」と「ちゅうちょ」。比較的目にする機会が多い漢字なので、読めた人は多いと思うが、逆に書くとなると難しい。テレビのクイズ番組で漢字の読みや書きが出題されることが多い。そこでも「読み」はある程度答えられるのだが、「書く」となると難しくない漢字でも「どんな字だったっけ」となかなか思い出せない。そんな中、正解を出すタレントには少し尊敬を覚える。
 若者を中心に漢字を読めるが書けないという人が増えている。言うまでもなくパソコンや携帯電話の普及で、「書く」という動作が減ってきたことが要因だ。最近では小学生からパソコンや携帯電話を使うようになっているので、今後さらに増加していくのだろう。同様の現象は、漢字の国とも言える中国でも起こっている。日本のようにひらがなやカタカナがない中国では書けない漢字をどう対処するのかというと、とりあえず同音の漢字を書いてごまかすという。
 文字を扱う仕事がら、普通の人以上に漢字と接していると思うのだが、筆者も同じく読めるが書けないという字が少なくない。読むと書くでは、脳の使われ方が違うらしく、犬を見て犬と認識するのと、正確な犬の絵を描く能力が違うのと同じだという。
 先日、財団法人漢字能力検定協会が発行する情報誌で、昨年度の問題が紹介されていたので試しにやってみた。1級や準1級はもってのほかだが、小6修了程度の5級の中にも思い出せない漢字が。「もう少し漢字を書くようにしよう」と、ひらがなで埋められた取材ノートを見ながらつくづく思った。     (城)

関連記事

フォトニュース

  1. ラーメンの湯切りの落下速度は?

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る