読めるけど書けない

 「蒟蒻」「躊躇」この漢字を読めるだろうか?順に「こんにゃく」と「ちゅうちょ」。比較的目にする機会が多い漢字なので、読めた人は多いと思うが、逆に書くとなると難しい。テレビのクイズ番組で漢字の読みや書きが出題されることが多い。そこでも「読み」はある程度答えられるのだが、「書く」となると難しくない漢字でも「どんな字だったっけ」となかなか思い出せない。そんな中、正解を出すタレントには少し尊敬を覚える。
 若者を中心に漢字を読めるが書けないという人が増えている。言うまでもなくパソコンや携帯電話の普及で、「書く」という動作が減ってきたことが要因だ。最近では小学生からパソコンや携帯電話を使うようになっているので、今後さらに増加していくのだろう。同様の現象は、漢字の国とも言える中国でも起こっている。日本のようにひらがなやカタカナがない中国では書けない漢字をどう対処するのかというと、とりあえず同音の漢字を書いてごまかすという。
 文字を扱う仕事がら、普通の人以上に漢字と接していると思うのだが、筆者も同じく読めるが書けないという字が少なくない。読むと書くでは、脳の使われ方が違うらしく、犬を見て犬と認識するのと、正確な犬の絵を描く能力が違うのと同じだという。
 先日、財団法人漢字能力検定協会が発行する情報誌で、昨年度の問題が紹介されていたので試しにやってみた。1級や準1級はもってのほかだが、小6修了程度の5級の中にも思い出せない漢字が。「もう少し漢字を書くようにしよう」と、ひらがなで埋められた取材ノートを見ながらつくづく思った。     (城)

関連記事

フォトニュース

  1. モチーフはヤタガラス

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る