趣き深い清姫の涙雨

 悲しみの涙が化して降ると思われる雨を涙雨という。このように考えるのは日本だけではないらしい。中国の神話の生物、九尾(きゅうび)の狐。名の通り、9本の尻尾を持つ狐の妖怪である。物語の多くは悪しき霊的存在で登場するが、一部では幸福をもたらす象徴として描かれ、また一方では絶世の美女へ化身するという話も多い。伝説は朝鮮半島へも伝わり、「九尾狐(クミホ)」と呼ばれ、多くの映画やドラマの題材にされており、筆者が見た韓国ドラマでも美女と化したクミホが悲しんで泣くと、涙雨が降る。
 一方わが国、日高川町道成寺の安珍清姫伝説。延長6年(928年)夏のこと。若僧、安珍が熊野参詣の途中、宿の娘清姫が安珍に一目ぼれ。再会を約束するも、帰りの際に宿に立ち寄ることなくスルー。騙されたことを知った清姫は怒り狂い追跡。大蛇の化身となって日高川を渡り、安珍は道成寺の釣り鐘に隠れるが、追いかけてきた大蛇は鐘に巻きつき、安珍を炎で焼き尽くすという悲恋の物語。安珍に約束をすっぽかされ、恋が実らなかった清姫はどれほどの悲しみに暮れ、どれだけ多くの涙をこぼしたことだろう。
 毎年4月27日恒例の道成寺、鐘供養会式。ことしも昨年に引き続き雨だった。会式は少なくとも300年以上前から行われているらしいが、鐘とともに焼き尽くされた安珍の鎮魂祭の日だけに昔から驚くほど雨の日が多く、清姫の涙雨などと言われる。悲しみは深く、1083年の時を経ても涙した。関係者、見物客とも誰もが望んでいる晴天であるにこしたことはないが、清姫の涙雨と思えばそれもまた趣き深く一興である。ただ号泣だけは止めてと天にいる清姫にお願いしたい。          (昌)

関連記事

フォトニュース

  1. 涼しげでいいですね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  2. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  3. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  4. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…
  5. B29へ決死の体当たり 欧州で第2次世界大戦が始まったのを受け、米軍は1939年(昭和14)11月…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  ホラー、怪談、恐怖小説、怪奇小説、スリラーなどいろいろ類語はありますが、私はやっぱり日本古来の怪談…
  2.  代表作の「青の炎」や「悪の教典」で今や誰もが知っている人気のホラー作家貴志祐介。デビューから1年目…
  3.  ひとりかくれんぼとは、もともと関西・四国地方において、「コックリさん」と共によく知られる遊びであっ…
  4.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  5.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
ページ上部へ戻る