南海地震へ公助の課題が山積

 これまで防災の講演を数多く聴いてきたが、講師先生の話に共通するのが、いざというとき公的機関の助け、いわゆる「公助」はあてにできないので、自分の命は自分で守る「自助」、隣近所など住民同士で助け合う「共助」が大切だ、ということだ。地震や津波が発生して命を助けてくれるのは、自分自身であり、また近所の人でしかない。阪神大震災でも倒壊家屋の下敷きになった人を助けたのは、近所の人たちがほとんどだった。災害発生時、そして直後は確かに自助、共助が最重要だが、時間の経過とともに被災者の生活をきめ細かくサポートする公助が重要になってくる。
 東日本大震災の混乱の中で、避難所では食物アレルギーを持つ被災者への対応がうまく行き届かなかったところがあると報道されていた。小麦にアレルギーがある少女は、避難所に届けられるパンを「これしか食べるものがない」と無理に食べたところ、全身に皮膚炎の症状が出た。アレルギー対応食品、アレルギー用粉ミルクの備蓄は、阪神大震災や新潟県中越沖地震でも問題にされたが、全国の自治体ではそれほど進んでいないのが現状という。
 被災地から発信される報道には、われわれには思いもつかない大切な情報が詰まっている。そして、思いもよらないことに対応しなければならないのが地方自治体の役目。アレルギーだけでなく、視覚や聴覚障害者のサポートなど考えなければならないことはたくさんある。南海地震が懸念される日高地方の行政にとって課題は山積だ。それを一つ一つ検証しクリアしていくことが、大震災に備えるということ。生き残った人を助けるのが公助の力だ。     (片)

関連記事

フォトニュース

  1. 花言葉は「楽しい思い出」

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る