スマフォで予定管理

 記者になってカメラとボールペン、ノート、そしてシステム手帳が必需品となった。手帳内のカレンダーに取材の場所や時間を書き込み、毎朝まずチェックするのが日課だ。記者の中には手帳を持たない人もいるが、数ある取材スケジュールを頭で覚えることなど筆者には考えられず、入社以後いつも持ち歩いている。ただ年度末に来年度分のカレンダーを買い替える必要があるのだが、これが結構高くつく。この際、思い切ってスケジュール管理に長けているというスマートフォン(スマフォ)に買い替えてみた。
 手帳と同じようなカレンダーを表示することができ、予定と時間、場所などを入力し、時間が来ればアラームで知らせてくれる。パソコンでも同じカレンダーを表示、編集することができるので、たくさんのスケジュールも一気に入力でき、スマートフォンを紛失したときにも安心だ。スケジュールソフトも無料、有料合わせてたくさんある中から使いやすいものを選べ、従来の携帯電話より便利になっている。
 このほかインターネットもパソコン並みに使えるので、外出先でのPCメールチェックや用語の検索などに大活躍。無線の小型キーボードをつなげれば、パソコン同様に記事を打つことも可能だ。一方で電池の消耗が早かったり、慣れるまでタッチパネルの操作が難しく、また携帯電話よりかなり複雑で、ある程度の知識や勉強が必要と、良い面ばかりではないが使いこなせば仕事、プライベートでも携帯電話以上に活躍しそう。ただ筆者にとってもっともメリットは、毎回書くことに頭をかかえる本欄のネタの一つになってくれたことだ。      (城)

関連記事

フォトニュース

  1. ぼくらの教室はどこですか

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る