新学期で心機一転

 4月、学校では新学期がスタート。仕事も心機一転、頑張ろうと思う。先日、仕事帰りに近所の中学生を見かけた。3年生になった野球部の男の子。確か部員不足と以前言っていたので気になり、車を止めて話しかけてみた。「どう?」と聞くと、「だめでした。足りません。春は合同チーム。県大会には行けません」。少し残念そうな顔をしたが、話しているうちに明るさが戻り、別れ際には前向きに「頑張ります」とさわやかな笑顔を見せてくれた。
 「それいけキッズ共和国」のページを学校教育担当の先輩記者からあずかって半年。はじめは行事ごとを中心に掲載していたが、最近は何か頑張っている子どもをメーンにしている。先日も和拳連御坊支部で日本拳法に打ち込む小学校4年生と2年生の兄弟を取材した。県大会で2人そろって準優勝。全国大会出場権を獲得した。しかし、2人とも「悔しかった」。日々の練習と毎日のトレーニングを欠かさず、「次は絶対に負けない。目標は全国で優勝」と話していた。
 保護者に聞くと、県大会の前に「いい成績を残せば新聞に載せてくれるよ」と2人に言ってくれたそう。力になったかどうかはわからないが、励みになればというキッズのページ。うれしく思うと同時に「いい成績を残さなくてもOK」というPR不足で申し訳なく感じた。取材の最後に2人は「目標を達成したら新聞に大きく載せてね」。もちろん、約束。頑張ってほしいと願う。
 それぞれの目標へ向かって努力する子どもたちがいる。一方で筆者を含め、日々の仕事に追われる毎日を理由に目標へ向かう努力から逃げている方はいませんか。大人も学生と同じく新学期のつもりで心機一転、頑張りましょう。    (笑)

関連記事

フォトニュース

  1. なかなか前に進まへん…

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る