衣奈小の3君にエール

 例年より遅く、 ようやく桜の花がちらほら咲き始めた。 4月。 学校や職場で新しい生活が始まる。 多くの出会いがある季節だが、 今回の小欄、 別れの季節といわれる3月を振り返り、 記事にできなかった話を紹介したい。
 先日、 由良町の衣奈小学校を訪ね、 卒業式について取材した。 同校では男の子3人が卒業。 「強くたくましく歩みましょう」 「人との出会い・ふれあいを大切にしましょう」 というはなむけの言葉を含め、 藤原千恵校長の式辞の一部は既報の通りだが、 このほか、 たくさんの話を聞かせてもらった。 藤原先生によると、 いつも明るい笑顔でパソコンに堪能な小林薫君、 努力を惜しまず力いっぱい頑張る洲﨑大雅君、 物知りで静かな中に力を秘めている中谷祐貴君。 思えばワカメ干し体験をはじめ、 取材で顔を見たことがある3人だ。
  「いつも周りの人を楽しくさせてくれた薫君」 「礼儀正しく、 どんなことにも努力する大雅君」 「いろんなことをよく知っている祐貴君」。 在校生が卒業式の 「送る言葉」 で述べた。 卒業生3人に聞くと、 小学校の思い出は 「修学旅行」 と声をそろえ、 中学校で頑張りたいことは、 小林君が 「勉強と部活」、 洲﨑君が 「陸上」、 中谷君は 「勉強」。 藤原校長の式辞にあったように、 いままで培った強い絆を忘れず、 夢と希望に満ちた未来へ力強く羽ばたき、 一つ一つの輝く大きな花を咲かせてほしい。
 小学校の卒業生に限らず、 新生活へ向けては思い出とともに感謝の気持ちもってスタートラインに立ってほしい。 もう一つ、 それまでにかかわった多くの人の心も忘れてはならない。 家族、 先生、 上司、 友人らの思いを胸に頑張ろう。
       (笑)

関連記事

フォトニュース

  1. 水をまいたら涼しくなるよ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る